サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/28

修正:新規会員30%OFFクーポン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 新潮社
  6. 新潮文庫
  7. 騎士団長殺し
  8. 騎士団長殺し―第2部 遷ろうメタファー編(下)―(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 81件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2020/12/18
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-100174-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

騎士団長殺し―第2部 遷ろうメタファー編(下)―(新潮文庫)

著者 村上春樹

「簡単なことだ。あたしを殺せばよろしい」と騎士団長は言った。「彼」が犠牲を払い、「私」が試練を受ける。だが、姿を消した少女の行方は……。暗い地下迷路を進み、「顔のない男」...

もっと見る

騎士団長殺し―第2部 遷ろうメタファー編(下)―(新潮文庫)

税込 693 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 8.2MB
Android EPUB 8.2MB
Win EPUB 8.2MB
Mac EPUB 8.2MB

騎士団長殺し 4 第2部 遷ろうメタファー編 下 (新潮文庫)

税込 693 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「簡単なことだ。あたしを殺せばよろしい」と騎士団長は言った。「彼」が犠牲を払い、「私」が試練を受ける。だが、姿を消した少女の行方は……。暗い地下迷路を進み、「顔のない男」に肖像画の約束を迫られる画家。はたして古い祠から開いた異世界の輪は閉じられるのか。「君はそれを信じたほうがいい」――静かに魂を揺さぶる村上春樹の物語が、いま希望と恩寵の扉を開く。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー81件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

騎士団長殺し4

2019/05/20 22:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

秋川まりえも面色さんもゆずもおさまるところに収まった感じで爽やかなラストがよかったです。イデア、メタファー、二重メタファーなど時空を超えた世界が展開されて村上ワールドを満喫できたと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

村上春樹氏の独特のワールドの最終回です!

2019/04/22 08:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、独特の世界観を創造し、読者を魅了してきた村上春樹氏の『騎士団長殺し』文庫版の最終巻です。騎士団長は「私を殺せばよい」と言うが、その意味は、彼が犠牲を払い、主人公である「私」が試練を受けるということではなのだろうか。そして、姿を消した少女は一体どこに行ったのだろうか?また会えるのだろうか?この秘密の物語は希望を導いてくれるのだろうか?読者に読み進めないではいられない興奮渦の中に巻き込んでしまう一大巨編の最終回です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もっとつづきがある気がする

2020/01/21 08:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

日常の世界の、ありきたりにも見える生活から、
ある手順を経て、別世界に入ってしまう。
そのあたりは、春樹ワールドの面目躍如。
物語の世界を楽しみながら、できごとが収束していく。
ただ……
これで終わりなの?
ストーリーは全然完結していない気がする。
もっとつづきがある気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

元の場所

2019/05/31 11:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹という作家は、同じようなモチーフを、違う表現で繰り返し提示しているのだろうか?
いつも、違う世界に引き込まれてしまい。どんどん読み進めてしまうのだけれど、そのメッセージをきちんと受け止め切れていないような気がして、何度も読み返してしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

村上春樹さんのための小説

2020/03/17 18:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹さんの村上春樹さんによる村上春樹さんのための小説。
それ以上でもそれ以下でもない。
彼は、いつかのタイミングでデタッチメント(なにごとにも執着しない、ただの視点)からコミットメント(行動)へと変わった?変わる?と言っていたが、本作の主人公はいつも通りの受け身だ。誰かが主人公になにかをする→主人公へ関連性が発生→主人公は行動せざるを得ない。これのなにがコミットメントなんだろうか?
村上春樹さん的に言えば「彼は肩をすくめ、やれやれ仕方ないといった様子で、嫌々な雰囲気を隠そうともせず、スツールから腰を上げた」程度のものだろう。
私は意識的、無意識的に関わらず行動には責任が付随するものだと考えている。
彼は、作中で「買い手責任」なる言葉を遂に発した。それは、彼の作品の読者が常々感じてきたことだ。言葉を代えるなら「読み手責任」を堂々と宣言した。どう読んで貰っても結構、私には責任はないと言っているのだ。
私は芸術家の類いに責任を取って貰うつもりもないし、取れる資質がないことはわかっている。
だが、それをわざわざ言葉にするのは、ヒトとしてどうかと思う。
ある側面では、彼は超えてはならない一線を超えた。
もしかすると彼の言うコミットメントとは、歴史の一端に触れることを示唆しているのかもしれない。本作もナチスと南京虐殺、そして物語とまったく無関係で被災者を不快にさせる可能性が高い東日本大震災を最後の最後で持ち出した。
歴史にはコミットメントしようもない。もう起きたことなんだから。それとも彼は歴史の責任を自らが負いますと言っているのだろうか?
いいや、そんなことはない。
彼のモチーフが徐々にコミットメントへ向かっていることを匂わせているだけだ。
イメージ先行の政治家とほぼ変わらない。
次の作品を期待させることだけが、彼の目的なのだ。そして、見事にそれに成功している。
「伏線が回収されていないから、第三部があるかも」とか、巧妙に仕掛けられた罠に、見事引っかかっている読者が少なくない。
今回、コミットメントを匂わすために御都合主義的に「娘」かもしれない人物を登場させたが、育児のシーンの軽いこと、軽いこと。ペラペラ、というか、もはや嘘。
彼が子育てしていないことは、ほとんどの読者は知っているし、おそらく誰もそんなシーンを描くことを期待していない。
彼はストーリーテラーとして一級品だ。
それは疑いようもない。
中毒性も高い。
なぜか?
誰にも想像のつかない、突拍子もなく、壮大で、お洒落なマスターベーションを見せられているからだ。(滅多に見られないから希少価値がある)
そして、いつか私とセックス(コミットメント)してくれるんじゃないだろうかと、読者は嵌まり込んでいく。
次は、どんなマスターベーションになるのか、本作が遺作になるのか。
私としては、そろそろ、彼自身の年齢通りの主人公が登場して欲しい。年寄りのマスターベーションをどうやってお洒落に描くのか……
まっ、どうでもいいか。
無責任でいることを、わざわざ宣言した作家に、あまり興味を持てない。
いや、それでも次作が出たら手に取るかもしれない。
私も中毒者だから。
ああ、もう、嫌だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/07/19 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/15 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/13 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/12 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/06 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/13 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/25 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/12 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/05 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/14 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。