サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 75件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2022/12/08
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • ISBN:978-4-480-07528-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ウクライナ戦争

著者 小泉悠

2022年2月24日、ロシアがウクライナに侵攻し、第二次世界大戦以降最大規模の戦争が始まった。国際世論の非難を浴びながらも、かたくなに「特別軍事作戦」を続けるプーチン、国...

もっと見る

ウクライナ戦争

税込 825 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 11.4MB
Android EPUB 11.4MB
Win EPUB 11.4MB
Mac EPUB 11.4MB

ウクライナ戦争 (ちくま新書)

税込 946 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

2022年2月24日、ロシアがウクライナに侵攻し、第二次世界大戦以降最大規模の戦争が始まった。国際世論の非難を浴びながらも、かたくなに「特別軍事作戦」を続けるプーチン、国内にとどまりNATO諸国の支援を受けて徹底抗戦を続けるゼレンシキー。そもそもこの戦争はなぜ始まり、戦場では一体何が起きているのか? 数多くのメディアに出演し、抜群の人気と信頼を誇る軍事研究者が、世界を一変させた歴史的事件の全貌を伝える待望の書き下ろし。

目次

  • 地図/略語表/はじめに/「世界の終わり」を待っていた場所で/舞い戻ってきた大戦争/本書の問いと構成/一当事者としての視点/若干の補足/第1章 2021年春の軍事的危機 2021年1月~5月/1 バイデン政権成立後の米露関係/集結するロシア軍/あっけない幕切れ/トランプ退場に神経を尖らせるロシア/牽制は効いたか?/ウクライナ・ゲート/ナヴァリヌィ・ファクター/2 ゼレンシキー政権との関係/コメディアンvsスパイ/シュタインマイヤー方式をめぐって/窮地に立たされるゼレンシキー/メドヴェチュークの政界復帰/ゼレンシキーの焦り/第2章 開戦前夜 2021年9月~2022年2月21日/1 終わり、そして続き/ロシア軍の再集結/高まる緊張/米国の「情報攻勢」とロシアの「外交攻勢」/2 プーチンの野望/グラデーション状の勢力圏/「ロシア人とウクライナ人の歴史的一体性について」/歴史、主権、「パートナーシップ」/プーチン論文をどう読むか/3 整った侵攻準備/公開情報が暴くロシア軍の動き/ベラルーシが前線基地に/非核と中立も放棄/4 プーチンのジェットコースター/迷う二人の筆者/プーチンの「ハラショー」/「虐殺」発言と膨れあがるロシア軍/針の筵に座らされるラヴロフ/パワハラ会議/第3章 「特別軍事作戦」 2022年2月24日~7月/1 失敗した短期決戦の目論見/斬首作戦/ロシアが張り巡らせた秘密ネットワーク/「特別軍事作戦」とは何なのか/逃げ出す内通者たち/高慢と偏見/「死ななかった」ゼレンシキー/2 ウクライナの抵抗/持ち堪えるウクライナ軍/「聖ジャヴェリン」の加護の下で/ウクライナの「三位一体」/全力を出せないロシア軍/3 撤退と停戦/ロシア軍のキーウ撤退/会議は踊る/西側の大規模軍事援助/振り出しに戻った停戦交渉/ブチャ/4 東部をめぐる攻防/ロシアによる核の威嚇/「武器が足りない!」/マリウポリの陥落とルハンシクの完全制圧/ロシア軍の成功要因/第4章 転機を迎える第二次ロシア・ウクライナ戦争 2022年8月~/1 綻びるロシアの戦争指導/軍への不信を強めるプーチン/将軍たちの失脚/情報機関との軋轢/2 ウクライナの巻き返し/HIMARSがもたらしたロシアの攻勢限界/ウクライナが与えられるものと与えられないもの/主導権はついにウクライナへ/3 動員をめぐって/「我々はまだ何一つ本気を出していない」/プーチンの「ヴァイ……」/ロシアの動員態勢/総動員は本当にできるのか/それでも総動員を発令できないプーチン/部分動員へ/4 核使用の可能性/核兵器の使用という賭け/エスカレーション抑止は機能するか/核のメッセージング/効かなかった非核エスカレーション抑止/第5章 この戦争をどう理解するか

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー75件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

ウクライナ戦争

2023/01/30 15:28

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:見張りを見張るのが私の仕事 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小泉悠氏によるウクライナ戦争の解説。『現代ロシアの軍事戦略』と重複する部分もあるが、2022年の世界を揺るがした一大事であるロシアのウクライナ侵略について、戦争の背景から開戦に至るまで、戦争が始まって実際にどのように戦況が推移していったのかが述べられている。
      
 予想外のウクライナの善戦、ロシアの当初のプラン通りに事が進んでいないこと、最新兵器が戦場で果たした役割といったことがわかる一方で、NATO東方拡大の脅威や、ルース民族の統一の野望など、プーチンが戦争を始めた実際の動機というものはいまだによくわかっていないのだという。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ウクライナ戦争が根っこから分かる

2022/12/17 09:26

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ウクライナ戦争についての書籍や雑誌は数多く出ている。本書は、その根っこから現状までコンパクトになって分かりやすい。冷静な分析である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読みやすくて、おもしろい。

2023/03/02 12:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

でも、現実的に描かれている話は、かなりしんどい。現代世界は戦争を止める手段もなければ、独裁者をリコールする手段もない。理屈の通じない中世。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ロシアウクライナ戦争

2022/12/21 07:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村 - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦争の終結には、先が、遠いなぁとの印象でした~

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロシアウクライナ

2022/12/08 04:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

メディアでも人気のロシア軍事専門家による、長年のロシア・ウクライナ間の国際的対立を、日本人向けにわかり易く解説した政治本。センセーショナルな部分ばかり扱うテレビでは省かれてしまう、過去の水面下での交渉や画策が時系列に沿って詳しく書かれていて、現状の確執に合点がいく面が多かった。軍事面はロシア・ウクライナ間に限らず、過去の歴史的な戦争との比較などがとても興味深い内容だった。専門用語はリストがあるものの、他にも装備などカタカナ英語が多く、その点はちょっと苦戦した。長年研究してきた著者の少しアイロニカルな視点が、この特別軍事作戦の異様さを物語っていて、自国の防衛について花畑な自分の脳を刺激された

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦争は外交の敗北、終わらせるのも外交

2023/01/10 19:45

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雑多な本読み - この投稿者のレビュー一覧を見る

2022年2月24日にロシアがウクライナに侵攻し、どこで戦争が始まったのかと思った人も多かったであろう。せいぜい、旧ソ連の穀倉地帯程度の知識で、白地図で位置を示せと言われたら困ったに違いない。未だに、国会議員ですら突然戦争が始まったというくらいであるから、戦争への理解はこの程度であろう。著者はロシア情勢に詳しく、軍事・安全保障の専門家であり、本書を読むとそれがよくわかると思う。まさに、戦争は外交の敗北の結果であるとよくわかってくるであろう。
 著者は、本書でロシア軍の演習を展開している状況を押さえ、撤退という偽情報に惑わされず、侵攻が始まるという軍事専門家の判断と外交努力に期待する人間的な判断に揺れていた心境を吐露している。実際に侵攻が始まるか否かの判断は、プーチン大統領がどう判断するかを推測することに過ぎないであろう。
 ロシアは未だに国際世論の非難を受けながらも「特別軍事作戦」を続けている。国内にとどまりアメリカを始め、NATO諸国の支援を引き出して抗戦を続けるゼレンシキー大統領。本書で、ロシア寄りの姿勢で、支持率を低下させていたゼレンシキーであったことを示すが、賭けに出て高い支持率を得ている。
 本書で今回の戦争の分析(類型化を含む)で、20世紀型の戦争は歴史の彼方に過ぎ去っておらず、ドローンが多用されるなど、テクノロジーの進化や社会の変化で方法は変化しているが、大規模な軍隊同士の暴力闘争という、最も古典的な闘争形態を再現させたと評価している。本書の目次を見ると、
 はじめに
 第1章 2021年春の軍事的危機 2021年1月~5月
 第2章 開戦前夜 2021年9月~2022年2月21日
 第3章 「特別軍事作戦」 2022年2月24日~7月
 第4章 転機を迎える第二次ロシア・ウクライナ戦争 2022年8月~
 第5章 この戦争をどう理解するか
 おわりに
 あとがきー小さな名前のために    となる。目次はもっと詳しいが、概略は見える。
 著者は両国の歴史的な関係は専門外なので取り上げていないが、ロシアがウクライナと兄弟国という関係だけでなく、ロシア発祥の地であり、プーチンがNATOに取られたくない気持ちが強烈にあることを指摘する。同じ行為が簡単に世界に広がることは考えにくい。ゼレンシキー自身もコメディアンの時はロシア語しか話せなかったというくだりを読むと、固有のことが多い感がある。また、外交努力というのが重ねられた事実と困難な状況の一端が見えてくる。日本はこうした外交ができるのであろうかと思ってしまう。まずは、戦争を早期に終わらせ、武力でない支援を積極的に進める日本を示していく必要があると思う。一読する価値がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イラク侵攻と 比較すれば なおよし

2024/04/16 23:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:清高 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1.内容
 2022年2月24日、ロシア連邦はウクライナに侵攻した。本書ではウクライナ侵攻以前の「軍事的危機」(第1章)にさかのぼって説明し、2022年9月までの状況を書いたものである。なお、第5章は、軍事理論を用いて「第2次ロシア・ウクライナ戦争」(p.23)が何かを考察する。

2.評価
(1)開戦後だけでなく、開戦前の知識も得られるし、ロシア連邦やウクライナ両国の事情も分かり、有益である。「ゼレンシキー[原文ママ]は決して完全無欠のリーダーではない」(p.231)ことも本書の随所で触れられている(もちろん、第2次ロシア・ウクライナ戦争は、「『どっちもどっち』で片づけられるものではない」(p.231)のは、国際法の知識があれば誰でもわかる(キーウまで攻撃したことを正当化することは難しい)。

(2)小泉悠の専門は、プロフィールによると「ロシアの軍事・安全保障」である。それゆえに本書は信用できるであろう半面、whataboutismの非難を筆者は甘受するが、じゃ、アメリカやイギリスのイラク侵攻はどうなんだ?という疑問もわいたので("【演説全文】ウクライナ侵攻直前 プーチン大統領は何を語った?"NHK NEWS WEB.2022-03-04.(アドレス略)でも言及されている)、それとの比較があった方がよかった。また、前後するが、詳しくは参考文献を読め、となろうが、例えば「条約案を公表してしまっては交渉にならない」(p.63)など、一般の読者にとって唐突感のある記述が二三あると思われるので、これらで1点減らして4点とするが、なぜ第2次ロシア・ウクライナ戦争が始まったのかを知るための基本文献となるであろう本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わかりやすい

2024/04/14 13:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ウクライナ戦争について、わかりやすく解説されていてよかったです。本書が刊行されてから数年、変化がないのが残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

報道を見る視点

2023/06/15 17:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かめ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ニュースで日々流れるウクライナ戦争ですが、どう受け止めるべきなのかと、この本を読みました。戦争開始の流れから、各指導者の振る舞いなどわかりやくく述べられており、一定の視点を与えてくれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あとがきのことばが印象にのこった

2023/03/07 09:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とらとら - この投稿者のレビュー一覧を見る

先日、テレビの特集番組で、著者がウクライナの戦争をウォッチするのに、パソコンでたくさんの映像や写真などをみている姿があった。かなり悲惨な画像も含めてみている様で、すこし憔悴しているような印象の顔つきだったと感じた。著者自身、この本はマクロな状況の記述だが、ミクロではたくさんの固有名詞の悲劇があるとあとがきで語っていた。そのことばが印象にのこった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ウクライナ情勢は小泉先生一択

2023/02/02 11:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

私はウクライナ戦争についての解説で一番信頼しているのが、小泉先生というか、小泉先生しか信用していない。ウクライナはプーチンのいうような「ネオナチ国家」なのか、そのあたりを小泉先生が解説してくれる、というかゴロツキ国家のロシアが何をいうかということなのだが

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時系列で記述されています。

2023/01/20 17:31

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:広島の中日ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

現在も続くウクライナ戦争。当書はなぜこの戦争が始まったのか、という過去から時系列にロシア・ウクライナ情勢を記述した1冊です。
 淡々、そして冷静な文章で記述されているのが好印象でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

特別軍事作戦

2023/06/14 20:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロシアの人たちは、おそらく、特別軍事作戦の裏事情を知っている人もたくさんおられるのでしょうね。かつて、太平洋戦争最中、日本人がそうだったように。でも、タイムリーな本なので、これは、学生さんにもおすすめ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/02/21 10:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/05/02 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。