サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

噂(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 442件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/492p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-123032-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

噂 (新潮文庫)

著者 荻原 浩 (著)

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウト...

もっと見る

噂 (新潮文庫)

767(税込)

噂(新潮文庫)

799 (税込)

噂(新潮文庫)

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

丸善札幌北一条店

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー442件

みんなの評価4.0

評価内訳

電子書籍

最期まで面白い

2017/06/16 02:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えんげ - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代設定は2017年現在よりも古いが、中年のおじさんとギャルのやりとりや会話の内容は違和感なく読めた。
それぞれが抱える闇や秘密、謎が気になってすらすらと読み進めることができ、「最期の一行」に青ざめるまで楽しんで読めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後の1行を理解できるかどうか

2016/12/03 09:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読むべき本。荻原浩ファンは絶対読むべし。ほかと違ってユーモアはない。読むタイミングとして、荻原作品を2冊ぐらい読んだ後がいい。こんな本も書くんだというふうに思いながら読んでほしい。最後の1行の意味が分からないと凡作、意味が分かると秀作になるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

噂は恐ろしいね

2015/03/24 13:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

香水会社が販売促進の目的で仕掛けた都市伝説。
狙いは見事に的中し,香水は大ヒットするのだが,都市伝説そっくりの猟奇殺人事件が起きて・・・。

面白かったです。


以下ネタバレ注意!個人的感想

ただ、最後の殺人はいらなかったのでは?
ラストの「オチ」が言いたいためだけの殺人。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後が洒落てます

2016/12/20 10:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kissho - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は期待していたイメージとはちょっと違い、私的には警察小説の範疇かなと思いました。猟奇殺人を扱ってはいますが、それほどグロくはありません。主要な登場人物が限られているせいか、犯人の意外性や衝撃というのはそれほど大きくはなく(何となく分かる人も多いでしょう)、何故?という最大の謎の部分も、そうだったのか!、というほどのものでもなかったですね。ただ、ストーリー展開は早く、飽きさせることなく一気に読めます。主人公の巡査部長と警部補にも好感が持て、続編があるのなら結ばれてほしいなと願いたくなります。そして、最後がひねられていて中々洒落てます。特に、最後の最後の一言。私は思わずニヤッとしましたが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/01 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/17 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/02 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/09 01:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/06 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/18 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/19 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/27 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/16 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/30 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/17 13:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る