サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

 夏の全額hontoポイントバックキャンペーン(~9/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 504件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/04/13
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/487p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277224-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)

著者 辻村 深月 (著)

地元を飛び出した娘と、残った娘。幼馴染みの二人の人生はもう交わることなどないと思っていた。あの事件が起こるまでは。チエミが母親を殺し、失踪してから半年。みずほの脳裏に浮か...

もっと見る

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)

税込 946 8pt

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

税込 817 7pt

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.8MB
Android EPUB 3.8MB
Win EPUB 3.8MB
Mac EPUB 3.8MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

地元を飛び出した娘と、残った娘。幼馴染みの二人の人生はもう交わることなどないと思っていた。あの事件が起こるまでは。チエミが母親を殺し、失踪してから半年。みずほの脳裏に浮かんだのはチエミと交わした幼い約束。彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、全ての娘は救われる。著者の新たな代表作。【「BOOK」データベースの商品解説】

“30歳”という岐路の年齢に立つ、幼馴染だったみずほとチエミ。みずほは都会でフリーライターとして活躍しながら結婚し、チエミは未婚で地元企業で契約社員として勤めている。互いの人生が、“殺人事件”で重なり合い…。【「TRC MARC」の商品解説】

地元を飛び出した娘と、残った娘。幼馴染みの二人の人生はもう交わることなどないと思っていた。あの事件が起こるまでは。チエミが母親を殺し、失踪してから半年。みずほの脳裏に浮かんだのはチエミと交わした幼い約束。彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、全ての娘は救われる。著者の新たな代表作。2013年おすすめ文庫王国 エンターテインメント部門 第1位。(講談社文庫)


事件を起こすなら、私のほうだと思ってた。

母を殺してしまった娘と、母との確執を抱える娘。どんな母娘(おやこ)にも起こりうる悲劇。

地元を飛び出した娘と、残った娘。幼馴染みの二人の人生はもう交わることなどないと思っていた。あの事件が起こるまでは。チエミが母親を殺し、失踪してから半年。みずほの脳裏に浮かんだのはチエミと交わした幼い約束。彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、全ての娘は救われる。著者の新たな代表作。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー504件

みんなの評価3.7

評価内訳

電子書籍

ただのミステリーじゃなかった

2016/11/03 17:13

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒトコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

進学や恋愛問題がらみで疎遠になってしまったけれど、幼馴染の親友だったはずの女友達。
彼女が起こした事件とその後の失踪。その行方を探すうち、明らかになって行く彼女や自分に対する周囲の感情。羨望と軽蔑、嫉妬と保身。女友達の面倒くささという思い当たる節の色々。母娘関係の難しさもしかり。けれどそこには、信頼や愛情もあるのか。
無機質なタイトル、その意味にじわーっと感じるものがあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み返したい

2013/04/10 00:15

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とうきび - この投稿者のレビュー一覧を見る

辻村深月がさらに好きになりました。

歳をとって、また10年後くらいに必ず読み返したい。
そうしたらきっとまた新しい想いになるのだろうと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

嫌になるほど昔の自分を思い出す

2021/09/12 21:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この変わったタイトルが事件を解く鍵になる、そのナンバーは主人公の一人、チエミの母が使っていたカードの暗証番号だった。重い話である、私自身も小学校、中学校で「こいつ、なんでこんなこともわからないのかなあ、馬鹿だなあ」と思っていた友人が何人かいるし、今でも顔を思い浮かべることができる。私の家族は、そんな馬鹿な友達を連れてくるといい顔をせず、頭のいい子、礼儀正しい子(ちゃんとおじゃましますといえる子)を連れてくると機嫌がよかった。学力により隔てられる高校、大学と進むにつれて、「馬鹿な友達」とは自然と疎遠になり、たまに地域の祭りで顔を合わせてもお互い無視を決め込んだりしていた。あのころ、なんであんなに偉そうに上から目線で彼らを眺めることができたのか、不思議だ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読む年齢によって感想も変わるんだろうなあ

2018/03/30 10:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

辻村さんの作品は私には当たり外れが激しいのですが、これは大当たりのほうの作品でした。久しぶりに胸がギューッと締め付けられました。
20代、30代、50代と読む年齢によって感想も変わるんだろうなあと思わせる作品です。
一気読みの面白さでした、おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後まで・・・

2017/05/14 12:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sondai - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに、ハラハラドキドキしながら、一気に読んでしまいました。
登場人物、一人一人の心の動きが繊細に書かれている本です。
未読の皆さん、期待を裏切らない満足の一冊になると思いますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それでも、生きなければならない

2021/04/04 17:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オムラ椅子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

親子であるというだけで、
女性であるというだけで、
家族であるというだけで、
こんなにしんどく、生きづらいということに、
光があてられた話でした。
他人事とは思えません。
たとえ、その生きづらさが原因で、
空っぽの自分に気づいたとしても、
生き続けなければならない、という気持ちになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

都会から地方へ

2017/10/18 03:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

故郷を飛び出した女性と、残ることを選んだ女性のそれぞれの葛藤が良かったです。ひとつの事件を契機に、巡り合うシーンにも胸を打たれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

母、娘、女とは厄介

2020/11/21 01:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆかの - この投稿者のレビュー一覧を見る

息苦しい作品でした、この人のこの気持ちはわかる、とか理解はできないけどそういうのよくあるよなぁみたいな…
親友のことをどれだけ知っているか、相手のためにどれだけのことができるか…自分だったら何をどこまでやれただろうかと考えさせられた。
なんといっても、タイトルが謎だったけど真相はかなりつらい…母は娘を想っていたのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女性同士の友情の物語

2019/11/17 12:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

辻村さんの作品にしては、捻りがなく、ちょっと残念な印象。第1章では、みずほが母親を殺して逃亡する幼馴染みを、友人たちを当たって話を聞きながら捜索します。第2章では、逆に殺人を犯したチエミの視点で描かれます。終わりも、えっ、これでおわり?といった感じで終了。まあ女性同士の友人の物語として読めば、それなりの作品なのでしょうが、ちょっと合わなかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

母と娘

2019/05/24 18:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワガヤ - この投稿者のレビュー一覧を見る

健全な母と娘の関係とは何か、お互いに理解し合う努力が必要だと思った。
最後までハラハラドキドキ。面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

いろいろ考えさせられた

2018/05/19 03:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ』は女同士の友情と母娘関係をテーマにした作品です。地元を出た娘と残った娘の対比は辻村深月がよく取り上げる題材ですが、本作品では地元娘・チエミが仲が良かったはずの母を殺した(?)後に失踪し、東京で結婚し、雑誌記者をやっているチエミの幼馴染・みずほがチエミの行方を追っていきます。みずほの事情はチエミの行方を追うためにいろんな人と会う過程で徐々に明かされて行きます。

後半はチエミ視点で事の起こりから彼女を探しに来たみずほと再会するまでが描かれています。この作品はミステリーとしてはいまいちですが、扱われているテーマは色々と考えさせられるものがあります。

地元を出る出ないという話は身近な話題だったことがないので、いまいちピンときませんが、母娘関係の描写はいろいろと身につまされるところがありました。チエミと母親の近すぎる関係も、みずほと彼女に虐待的なしつけをした母親の関係も、どちらも私と母の関係には当てはまりませんが、うちもかなり衝突があって、時々思い出したように疼く傷跡もなくはないです。メールのやり取りや折々の贈り物はしても、実際に会うのは3~4年に一度のみで、一緒に居て数時間も経つともう耐えられなくなるような居心地の悪さを感じます。どうやら逆立ちしても仲のいい母娘にはなれないようです。このため、みずほの母親に対する気持ちにより多く共感しました。

友人関係については、例えば職場が同じであるとか、家が近所であるとかいう日常的に避けられない関係以外は、男女にかかわらず、続ける努力をしなければあっという間に疎遠になってしまうものだと思います。一度疎遠になってもまた何かのきっかけで連絡を取り合うようになることもなくはないですが、大抵の場合一度疎遠になってしまうとそれっきりですよね。なので、いくら事件がきっかけとは言え疎遠になっていた幼馴染を探そうとする意欲と勇気は尊敬に値します。また、チエミとみずほの共通の友人というか知り合いである地元で結婚したという政美はリーダー格で様々な付き合い上のこだわりがあるらしくて、実際の人物だったら付き合いきれないように私なら思うでしょうけど、でもその反面「あなたとは絶交」みたいにきっぱりと宣言するところには共感が持てました。なんにしても曖昧で何をどう思っているのかわからないよりはずっと気持ちがいいのではないかと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あぁ…

2015/08/28 00:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。そうか、そういう意味だったのか。悲しい、そして暖かい母の言葉。娘は母に傷つけられるけどその母も娘の時は傷ついていたんだろうなと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読了2回目

2019/12/29 21:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初にこの作品を読んだのは高校生の時。当時は30代目前の女性のやりとりがリアルでなんだかこわくて、大人の女の世界をのぞいてしまったような気がしていた。30歳になったら必ず読もうと決めていて、いまもう一度読んだらどんな気持ちになるんだろう思いついに再読した。母と娘の気持ちとか、大人の世界を知ったいまだからこそ感じるものがあった。もう一度、今度は母の目線になったときに読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/25 01:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/02 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。