サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 207件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/04/16
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/216p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-03854-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)

著者 伊藤 亜紗 (著)

視覚障害者の空間認識、感覚の使い方、体の使い方、コミュニケーションの仕方、生きるための戦略としてのユーモアなどを分析。目の見えない人の「見方」に迫りながら、「見る」ことを...

もっと見る

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)

税込 836 7pt

目の見えない人は世界をどう見ているのか

税込 748 6pt

目の見えない人は世界をどう見ているのか

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.9MB
Android EPUB 6.9MB
Win EPUB 6.9MB
Mac EPUB 6.9MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

視覚障害者の空間認識、感覚の使い方、体の使い方、コミュニケーションの仕方、生きるための戦略としてのユーモアなどを分析。目の見えない人の「見方」に迫りながら、「見る」ことを問い直す。テキストデータ引換券付き。【「TRC MARC」の商品解説】

「自分とは異なる体をもった存在のことを実感してみたい」。生物学者を目指していた著者には子どもの頃からそんな願望がありました。ネズミのように速く細かく波打つ心臓を抱えて生きること、昆虫のように脳を持たず、同時多発的に発火する神経のネットワークとして生きること、真っ暗な深海の底で硫化水素を吸い込むチューブ状の体として生きること――。障害者は、私たちの身近にいる「自分とは異なる体をもった存在」。目の見えない人や耳の聴こえない人に数多くのインタビューを行ってきた著者が、視覚障害者を通して、彼らがどのように世界を認識しているのかに迫る。著者は1979年生まれ。東京工業大学リベラルアーツセンター準教授。専門は美学、現代アート。著書に『ヴァレリーの芸術哲学、あるいは身体の解剖』がある。福岡伸一氏推薦!【本の内容】

現代アートの専門家が、障碍者が世界をどのように認識しているかを、数多くのインタビューから迫った。【本の内容】

著者紹介

伊藤 亜紗

略歴
〈伊藤亜紗〉1979年東京都生まれ。博士(文学)。東京工業大学リベラルアーツセンター准教授。専門は美学、現代アート。研究のかたわら、アート作品の制作にもたずさわる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー207件

みんなの評価4.0

評価内訳

電子書籍

目からウロコ

2017/02/22 15:06

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:AR - この投稿者のレビュー一覧を見る

見えないということから考える「見える」ということ。全く知らない世界の紹介にただびっくり。考えさせられること多々。著者の洞察に感謝。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初めは、とっつきにくい本かも。しかし、じっくり読むと「いい味」が!

2020/12/19 04:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オカメ八目 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今や、ダイバーシティ、多様性、SDGsとかが賑やかだ。 また、反対に、いじめ、虐待、差別、ネグレクト何かもヤカマシイ。ーーーーそんな中、『では、では、自分と価値観が違った人や、人たちと、どう向き合えばいいのか?』との迷いは半端ない。 そんな、迷いからの脱出に、ついて行く気になれたら、かなりいいガイドさんとなってくれそうな本の一冊。
 自分の「狭い」感性を、例え少しでも、押し広げたいと願うのなら読んで損はない。ーーーーーーー『俺様の様な正しきものが、どうして受け入れられないか?!」と憤(いきどお)るよりも、『例え、仕方なしでも、曲がりなりにでも、こんなヘンなヤツを少しででも受け入れてくれたッ!!』との軽い驚きと、静かな喜びと「同行二人」で行けたらなぁ〜と思うので、今やこの本はおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

価値観

2018/11/09 06:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

健常な者から想像もつかない世界と発想がある。全盲者の視点などわかったような気になるし社会の在り方も考えさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感じ方を変えれば見方が変わる

2018/10/05 07:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KEY坊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今まで当たり前に考えていたことが、当たり前ではないという事を再確認でき、目がみえないことをハンディーキャップと捉えず、前向きに、見えなければ、それ以外の感覚を使って楽しむぐらいの気持ちで生活している・・・。自分も前向きに生活して行こうと思える作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

目からうろこが落ちます

2015/10/19 12:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

視覚情報がないと、物の感じ方はどう変わるのか。
目が見えているからこそ、感じられなくなっているものもあるのです。
バリアフリー、ユニバーサル化に対応するために、絶好の一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考えさせられる

2015/09/07 20:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:weed - この投稿者のレビュー一覧を見る

目から得ている情報の多さ、依存度の高さを改めて感じさせられた。目を閉じてしばらくじっとしていようとしても続かない。五感全てで日常から感じたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『知りたい!』欲を満たす興味深い一書

2020/12/12 22:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岩波文庫愛好家 - この投稿者のレビュー一覧を見る

目の見えない人たちは、この世の中でどの様に暮らしているのだろう、という疑問は確かに存在していました。その内容に大方答えを呈示してくれたのが本書でした。
 「見えない」からこそ研ぎ澄まされる感覚は興味深いですし、また同時に欠如を補う人間の生物的能力の素晴らしさにも脱帽します。
 一方で本書にあるように『目が見える人も盲目である』は納得がいきました。
 『目の見えない人たちには視覚的な「情報」はありませんが、そこに生まれる「意味」を理解する』と述べられており、これを知る事が肝要だとつくづく感じ入りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

他人の世界のとらえ方

2021/01/24 13:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:gonta - この投稿者のレビュー一覧を見る

「目の見えない人」と題打っているが、それは目が見える人と見えない人の間の相違ではなくて「自分ではない人はどうやって世界をとらえているのか」という話へと膨らんでいく面白い本だった。
分かりやすくコミカルな文体も読みやすく、人と自分の違いを追求する哲学の導入書としてもいいかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

そんな発想があったのか!

2020/11/16 10:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:future4227 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2020年中学入試では栄光学園、中大附、東京都市大附で出題、高校入試では東京学大附で出題された。先日、目の見えない人に道を聞かれて、説明にとても苦慮したことがあって読んでみた。実は足の裏から多くの情報を得ているとか、美術館で絵画鑑賞するとか、驚きの世界であった。大切なのは、見えている人が強い、見えない人は弱いという無意識の上下関係を作らないこと。「見えないことが障害ではなく、見えないことで何かができなくなる、そのことが障害である」という言葉が胸に突き刺さる。障害者が引け目を感じない世の中であってほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知らない世界

2020/09/23 19:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kisuke - この投稿者のレビュー一覧を見る

視覚に障害がある方が世界をどう捉えているか知りたくて読んでみました。特に美術館でのお話が興味深かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分の知らない世界はどうなっているのだろう

2019/05/20 21:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:野間丸男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

情報の8割以上が視覚からというのに・・・
視覚しょうがい者やその関係者6名へのインタビューなどを基に、
空間、感覚、運動、言葉、ユーモアのテーマについて、語られる。

 生まれつき弱視で16歳のとき失明し、現在は全盲の方
 デザイナーをしていたが、39歳の時の事故で失明し、全盲になった方
 13歳の時に失明して、全盲になった方
 パラリンピックでメダルを獲得したアスリートであるが、
 22歳で障害者認定を受け、現在は人の輪郭がやっと見える程度の方
 
「当たり前」と思っていることから離れ、晴眼者の知らない「世界の別の顔」を知る!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

先天性と後天性の視覚障害者の考え方が、どちらも勉強になりました

2019/04/09 14:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akihiro - この投稿者のレビュー一覧を見る

先天的に目が見えない人ならではの感覚や、かつては視覚を使っていた人の考えの変化が紹介されています。色彩感覚が面白かったです。
また、日本の視覚障害者の点字識字率が思っていたより低くて驚きました(2006年の厚生労働省調査で12.6%)。習得の難しさ(特に書く技術)を考えると納得です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新発見

2018/10/25 09:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:弥生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

視覚障害者への認識がガラッと変わった。健常者による親切や配慮が、逆に視覚障害者にとっては迷惑だったり傷つけてしまうことなど、考えたことがないことや知らなかったことが書かれていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

目が見えなくても見える

2018/08/27 14:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:広島の中日ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

目が見えない人には、彼らなりに見える世界がある、ということを著した本です。
また、決して目が見えないことはツラくない、という視点を新たに学びました。
文章がちょっと固いです。絵ももっと多く挙げてほしかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

障碍者と意識しないこと

2016/02/28 20:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ロン - この投稿者のレビュー一覧を見る

視覚障害者がどのように感じているかがよくわかりました。文章も丁寧です。一読をお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。