サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鹿の王 1(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 45件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/06/17
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/296p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-105489-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

鹿の王 1 (角川文庫)

著者 上橋菜穂子 (著)

【日本医療小説大賞(第4回)】【本屋大賞(第12回)】帝国から故郷を守るため、絶望的な戦いを繰り広げた戦士団の頭ヴァンは岩塩鉱に囚われていた。ある夜、不思議な犬たちが岩塩...

もっと見る

鹿の王 1 (角川文庫)

691(税込)

鹿の王 1

691 (税込)

鹿の王 1

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本医療小説大賞(第4回)】【本屋大賞(第12回)】帝国から故郷を守るため、絶望的な戦いを繰り広げた戦士団の頭ヴァンは岩塩鉱に囚われていた。ある夜、不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。その隙に逃げ出したヴァンは幼子を拾い、ユナと名付け、育てるが…。【「TRC MARC」の商品解説】

強大な帝国・東乎瑠(ツオル)から故郷を守るため、死兵の役目を引き受けた戦士団“独角”。妻と子を病で失い絶望の底にあったヴァンはその頭として戦うが、奴隷に落とされ岩塩鉱に囚われていた。ある夜、不気味な犬の群れが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生。生き延びたヴァンは、同じく病から逃れた幼子にユナと名前を付けて育てるが!? たったふたりだけ生き残った父と子が、未曾有の危機に立ち向かう。壮大な冒険が、いまはじまる――!【商品解説】

著者紹介

上橋菜穂子

略歴
作家、川村学園女子大学特任教授。1989年『精霊の木』でデビュー。著書に野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞した『精霊の守り人』をはじめとする「守り人」シリーズ、野間児童文芸賞を受賞した『狐笛のかなた』、「獣の奏者」シリーズなどがある。海外での評価も高く、2009年に英語版『精霊の守り人』で米国バチェルダー賞を受賞。14年には「小さなノーベル賞」ともいわれる国際アンデルセン賞〈作家賞〉を受賞。2015年『鹿の王』で本屋大賞、第四回日本医療小説大賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー45件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

ヴァンのことかと?

2017/06/29 15:53

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルから、最初、飛鹿に乗る独角の頭であるヴァンの生き様や戦いを中心に描かれた物語を想像していましたが、そんな簡単な話ではないですね・・・。
悲しくもある、けれどしたたかな面を併せ持つ、被征服民達の戦いの物語・・・になるのかな?
早く続きを読まなきゃ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

待ちに待った文庫化 !

2017/08/08 18:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほわちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハードカバー時代から書店で見つけて読みたいと思っていた。それが待ちに待った文庫化。迷わず即買いへ。
オープニングは思いもよらない斬新な切り口から始まった。どういうストーリーになって行くのか、主人公は誰?など考える間もなく、予想もできない展開にどんどん引きずり込まれていく。戦いの歴史や民族性が故の人間逹の駆け引き、複雑な国の流れの中で生きていく人達.....その中でユナという少女のあどけなさが温かみをくれ、飛鹿と呼ばれる神秘的な動物の魅力がストーリーをピュアな世界へ招いてくれる。
第1巻の巻末は第2巻の大きなエピソードの幕開けとなるキーを残して終わっている。
もちろん第2巻を手にしないわけはない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オトナテイスト

2017/08/12 21:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひややっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

少女も出てきますが、いや少女というより赤ちゃんから幼児・・まだ彼女の冒険譚には早すぎる。主人公はいったい誰なの??
守り人シリーズや獣の奏者シリーズよりももっと落ち着いた筆致。さてどう展開するんでしょう。期待!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

物語の始まり

2017/09/14 14:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語の始まりは、暗くて、つらくて、いやな感じだったけど…
主人公のヴァンとホッサル。
二人が出会うときはやってくるのか?
そしてその時は複雑な事情の二人の関係がどうなるのか?
続きを読むのが楽しみです♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい自然の描写

2017/09/14 15:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

岩塩鉱、豊かな森、その中で生きる飛鹿やトナカイといった自然の描写が、まるで映像を見ているように、綺麗に描かれていて、そこにまず惹かれます。ストーリーは、脅威のウイルスが、岩塩鉱で働く人たちを襲い、ほぼ全滅。その中から生き残って体に免疫ができた?ヴァンと、名医ホッサルという二人のストーリーが代わる代わる進んでいきます。読むのがもったいないので、途中まではちょっとづつ読んでましたが、最後は。。残り3巻、どんな物語なのかまだまだ予測できていない状況で、ワクワクします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

上橋さん、さすが!

2017/06/25 19:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱ上橋さんの物語だ。のっけからやばい。これは嵌るぞと神経が震える。ヴァンとユナの関係が微笑ましくてずっとこの二人だけの話、読ませてよと思ったけど、それだとまあつまらないよね。追う者、追われる者、緊迫した空気が伝わってくる。1行読むごとにその世界に吸い込まれて行く。ヴァンとホッサム、いつ出会うのだろうか。そしてどうなるのか。ヴァンとユナが授かった力は一体どのように発揮され、彼らを助けるのか。気になる。2巻目読みたいけど、3、4の発売が1ヶ月後だと思うと躊躇。悩む。この悩みも面白い本だからこその魅力かな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/30 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/16 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/01 11:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/07 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/22 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/20 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/10 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/15 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/09 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る