サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 1,112件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/11/11
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:19cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-85064-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

赤と青とエスキース

著者 青山 美智子 (著)

メルボルンの若手画家が描いた一枚の「エスキース(絵画)」。日本へ渡って30数年、その絵画は「ふたり」の間に奇跡を紡いでいき…。仕掛けに満ちた書き下ろし連作短篇集。【「TR...

もっと見る

赤と青とエスキース

税込 1,650 15pt

赤と青とエスキース

税込 1,400 12pt

赤と青とエスキース

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 1.7MB
Android EPUB 1.7MB
Win EPUB 1.7MB
Mac EPUB 1.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

メルボルンの若手画家が描いた一枚の「エスキース(絵画)」。日本へ渡って30数年、その絵画は「ふたり」の間に奇跡を紡いでいき…。仕掛けに満ちた書き下ろし連作短篇集。【「TRC MARC」の商品解説】

2022年本屋大賞2位

2021年本屋大賞2位『お探し物は図書室まで』の著者、新境地にして勝負作!

メルボルンの若手画家が描いた一枚の「絵画(エスキース)」。
日本へ渡って三十数年、その絵画は「ふたり」の間に奇跡を紡いでいく――。
二度読み必至! 仕掛けに満ちた傑作連作短篇。

●一章 金魚とカワセミ
 メルボルンに留学中の女子大生・レイは、現地に住む日系人・ブーと恋に落ちる。彼らは「期間限定の恋人」として付き合い始めるが……。
●二章 東京タワーとアーツ・センター
 30歳の額職人・空知は、淡々と仕事をこなす毎日に迷いを感じていた。そんなとき、「エスキース」というタイトルの絵画に出会い……。
●三章 トマトジュースとバタフライピー
 漫画家タカシマの、かつてのアシスタント・砂川が、「ウルトラ・マンガ大賞」を受賞した。雑誌の対談企画のため、二人は久しぶりに顔を合わせるが……。
●四章 赤鬼と青鬼
 パニック障害が発症し休暇をとることになった51歳の茜。そんなとき、元恋人の蒼から連絡がきて……。【商品解説】

収録作品一覧

プロローグ
金魚とカワセミ 5−61
東京タワーとアーツ・センター 63−100

著者紹介

青山 美智子

略歴
〈青山美智子〉1970年生まれ。愛知県出身。出版社で雑誌編集者等を経て執筆活動に入る。デビュー作「木曜日にはココアを」で宮崎本大賞を受賞。ほかの著書に「猫のお告げは樹の下で」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,112件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

絵と人と――

2022/08/03 16:46

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uruuduki - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵は流転し、熟成するのだろうか?
 絵が熟成するように、出会った二人の関係も熟成し、一所に留まらないように、人も流転を逃れられないのだろうか?
 一枚の絵を軸に人達は関り、離合集散をする。
 絵自体の何かが変わるわけでもない。
 ただ、関わる人の気持ちと関係が常に動いて、生を綴って行く。
 ただハッピーエンドの小説を読みたいと思うのなら、お薦めしないけれど、愛しさを求めるのなら是非とも読んで頂きたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一枚の絵がつなぐ縁

2022/02/01 21:34

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

メルボルンに留学している女子大学生レイと、現地の青年ブーの出会いからお話は始まります。
ブーの友人画家が描いたレイの絵がメルボルンから日本へと渡り、ぐるっと回って戻ってくる幸せのストーリー。
赤と青の色の対比、混ざり合うグラデーションの美しさ、白とのコントラストが鮮やかにストーリーに生かされています。
ああ、いい話だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

赤と青とが紡ぎ出す物語たち

2021/12/25 23:35

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みつる - この投稿者のレビュー一覧を見る

青山美智子さんの作品では、おなじみの
読んでるうちに、また前の章に戻って、
そして、最後に、全てがつながる。という
まさに、やられた!というしかありません。

今回は、人の繋がりもありますが、
時間の経過が含まれていて、
1章から、エピローグまで、かなりの時間が経っています。
それでも、人の繋がりがちゃんとあり、

物語の鍵ともなる「エスキース」と言う絵と
赤と青の何かが、必ずでてきます。

個人的には、トマトジュースとバタフライピーですが
バタフライピーにレモンなどの酸性のものを加えると
赤色(見た目は紫やピンクに近いですが)になることから、このふたつはある意味で、似ているところがあるのでは?と思ってみたりしました。

"「よく、人生は一度しかないから思いっきり生きよう、って言うじゃない。私はあれ、なかなか怖いことだと思うのよね。一度しかないって考えたら、思いっきりなんてやれないわよ」"(197頁)

たしかに、一見ポジティブに聞こえますが
本当に思いっきり生きてしまったら、ずっと動き続けて、壊れてしまいそうですものね。

適度に休んで、でも、力を入れる時には入れる。
そう言う生き方ができたらな。と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

下絵

2023/06/18 10:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵画を巡り、数々の人生が交錯する連作短編集。画家はもちろん額縁職人が登場するのがおもしろい。楽しく読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素敵なお話でした

2022/10/06 13:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mii - この投稿者のレビュー一覧を見る

一枚の下絵(エスキース)から始まる連作短編集です。
エピローグを読んですべてが繋がり、読み返し必至と言われてた理由が分かりました。
どの話も少し寂しくなるところはありましたが読後はとても晴れやかな気持ちになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

素晴らしい絵画と、美しい物語が、心を揺さぶる大きな感動を、生きる力を与えてくれる。

2022/08/05 10:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

「エスキース」とは、素描、下絵、素案、概要を意味するフランス語。

オーストラリアのメルボルンに留学中の女子大生・レイは、現地に住む日系人・ブーと恋に落ちる。
交際に慎重だったレイだが、ブーから「期間限定の恋人」との提案を受け、恋が始まった。

レイの帰国が間近に迫ったある日。
ブーは、画家志望の友人ジャクソンの家にレイを連れていく。

「エスキースならば」との条件付きで、創作が始まる。

連作短編集の随所に、この「エスキース」が登場し、重要な役割を果たす。

絵画は、創作者の手を離れて、たくさんの出会いを紡いでいく。

そこに連なる思いが幾重にも重なり合って、思いもかけない新たな出会いが始まる。

「二度読み必至」との出版元のコピーに偽りなし。

Amazon Audible にて聞く読書。

「聞く読書」のAudibleのサービスを利用し始めてから3年間。

はじめて、一度聞き通した作品をすぐにもう一度最初から聞き直した。
活字の本を手に取っていたとしても、きっと同じことをしていただろう。

初めて読み・聞いた時にも。
二度目を読み・聞き通した後にも。

二つの異なる、そして圧倒的な感動が味わうことができた。

素晴らしい絵画と、美しい物語が、心を揺さぶる大きな感動を、生きる力を与えてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい絵画と、美しい物語が、心を揺さぶる大きな感動を、生きる力を与えてくれる。

2022/08/03 10:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

「エスキース」とは、素描、下絵、素案、概要を意味するフランス語。

オーストラリアのメルボルンに留学中の女子大生・レイは、現地に住む日系人・ブーと恋に落ちる。
交際に慎重だったレイだが、ブーから「期間限定の恋人」との提案を受け、恋が始まった。

レイの帰国が間近に迫ったある日。
ブーは、画家志望の友人ジャクソンの家にレイを連れていく。

「エスキースならば」との条件付きで、創作が始まる。

連作短編集の随所に、この「エスキース」が登場し、重要な役割を果たす。

絵画は、創作者の手を離れて、たくさんの出会いを紡いでいく。

そこに連なる思いが幾重にも重なり合って、思いもかけない新たな出会いが始まる。

「二度読み必至」との出版元のコピーに偽りなし。

Amazon Audible にて聞く読書。

「聞く読書」のAudibleのサービスを利用し始めてから3年間。

はじめて、一度聞き通した作品をすぐにもう一度最初から聞き直した。
活字の本を手に取っていたとしても、きっと同じことをしていただろう。

初めて読み・聞いた時にも。
二度目を読み・聞き通した後にも。

二つの異なる、そして圧倒的な感動が味わうことができた。

素晴らしい絵画と、美しい物語が、心を揺さぶる大きな感動を、生きる力を与えてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

二度読み必至

2022/07/25 14:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mii - この投稿者のレビュー一覧を見る

連作短編集です。
4つのエピソードとエピローグから構成され、エピローグで色々と気づかされました。
どのお話も感情移入して読んでしまい心が揺さぶられました。
この著者の他の作品も読みたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

手元に置いておきたい本

2022/05/11 20:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいっコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

青山美智子さんの本はいつも読み終わるのが勿体ないので読みたい気持ちを抑えて日にちをかけて分けて読みます。
1枚の絵が繋いでいく短編連作は人と人を結びつけて心が温かくなりました。最後の伏線回収で読み終わった後にもう一度最初から読みたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大切な本の一冊になりました。

2022/04/24 22:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三毛松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここ最近で読んだ本でかなり良かった本の一冊。
各章主人公が違う連作短編。とは言いつつ、エスキースから微かに感じる第一章の主人公ブーとレイの気配。何度もふたりに想いを馳せ読み進めては戻り、また読み進めては戻り…。最後に全てが繋がった時は感動しました。最後まで読んで本当に良かったと思える、素晴らしい物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

赤と青 そしてエスキース

2022/04/11 05:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

5編の物語が見事に繋がり、やられた!
もう一度、
二人の出会い、
二人の物語、
エスキースを見た人の思い、
エスキースが辿ってきた旅を読んでみたいと思った。
帯に書かれていることを見直すと、何ともピッタリの言葉が並んでいる。
この本を作った全ての人たちに感謝を捧げたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生の下絵として若いころに想いを馳せる

2022/02/13 08:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

丁寧に読むことにより、最初の章に溢れる様々な事柄が、後の章で、思わず踊らざるを得ない情景を生み出す楽しみを得られる。物語に自分自身を重ねて読書するということは、未知を知り、異なる価値観に触れ、そして驚きを、喜びを感動を得ることだろう。人生の下絵ともいうべき若き頃の出会いや経験は、数多の人生の広がりを生み出し、幾つもの人生を経験させてくれる。アートは、人々の目に映ること、心に住むことで息吹いていくもの。その意味で、今物語集も、ひとつのアートかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

連作

2021/11/30 18:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一枚の絵画(下絵)が繋ぐ壮大な愛を描いた連作短編集。各章がどこまで関与しているのか最後までわからず、静謐で控えめな糸を手繰り寄せるのが快感だった。色んな形の「愛」が美しくも飾らず溢れ、心が揺さぶられる小さなキッカケを、価値観の違うキャラたちを通し多くの視点から感じられ学ぶ事が多かった。じんわり浸透する温かな作品

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2023/08/02 12:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:302 - この投稿者のレビュー一覧を見る

描写がとても美しい。特に絵画“エスキース”を表すところと、その額装をつくっていくところ。
実物を見てみたいという気持ちに。

内容は切なさがある純愛。
赤と青と白という色が常にポイントとなっていて、最後にすべてが繋がる。

エンディングを知った上で、もう一度読みたいなと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私も一目見てみたい

2023/06/14 22:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

一人の女性の姿と、
その視線の先にあるはずを男性の存在と、
両方を描き出したエスキース。
竜宮城を飛び出した二人を見守ってきた絵を
私も一目見てみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。