サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/11/18
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/324p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102669-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

古代中国の24時間 秦漢時代の衣食住から性愛まで (中公新書)

著者 柿沼 陽平 (著)

口臭にうるさく、女性たちはイケメンに熱狂、酒に溺れ、貪欲に性を愉しみ…。気鋭の中国史家が文献史料と出土資料をフル活用し、服装・食卓・住居から宴会・性愛・育児まで、古代中国...

もっと見る

古代中国の24時間 秦漢時代の衣食住から性愛まで (中公新書)

税込 1,056 9pt

古代中国の24時間 秦漢時代の衣食住から性愛まで

税込 1,056 9pt

古代中国の24時間 秦漢時代の衣食住から性愛まで

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 22.8MB
Android EPUB 22.8MB
Win EPUB 22.8MB
Mac EPUB 22.8MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

口臭にうるさく、女性たちはイケメンに熱狂、酒に溺れ、貪欲に性を愉しみ…。気鋭の中国史家が文献史料と出土資料をフル活用し、服装・食卓・住居から宴会・性愛・育児まで、古代中国の1日24時間を再現する。【「TRC MARC」の商品解説】

始皇帝、項羽と劉邦、武帝ら英雄が活躍した中国の秦漢時代。今から二千年前の人々は毎日朝から晩まで、どんな日常生活を送っていたのだろう? 気鋭の中国史家が史料を読み込み、考古学も参照しながら、服装、食事から宴会、セックス、子育ての様子までその実像を丸裸に。口臭にうるさく、女性たちはイケメンに熱狂し、酒に溺れ、貪欲に性を愉しみ……驚きに満ちながら、現代の我々とも通じる古代人の姿を知れば、歴史がますます愉しくなる。【商品解説】

著者紹介

柿沼 陽平

略歴
〈柿沼陽平〉1980年東京都生まれ。早稲田大学文学学術院教授・長江流域文化研究所所長。博士(文学)。小野梓記念学術賞、櫻井徳太郎賞大賞、冲永荘一学術文化奨励賞受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

読みやすく、かつ博識な文章に感心しました

2021/12/26 12:33

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:広島の中日ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

古代中国に生きた人々はどんな生活をしていたかを、著者が1日24時間にまとめたストーリー調の1冊です。
 読みやすい文章になっている親しみやすさの一方で、たくさんの中国史用語を文中に登場させている博識さが素晴らしいと思いました。巻末の注記の紙幅の厚さから、著者の当書をつくる際の意気込みの強さを感じました。さすが研究者、と感心しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろかった!

2023/08/14 18:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

予想以上にプライベートな内容がわかる中国古代史で驚きました。紀元前後の頃ですよ?日本だと弥生時代ですよ?!専門家はすごいの一言です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

傑作

2023/07/18 16:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nizi - この投稿者のレビュー一覧を見る

当時の中国の民衆の暮らしがじっくりと分かる傑作。なんといってもほとんど全ての出来事に注釈と引用文献を振ってあるのがいい。ここから他の文献を辿ってさらに深く学ぶことができる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とてつもない量の資料をまとめたもの

2023/04/23 16:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りら - この投稿者のレビュー一覧を見る

豊富な図説と脚注。
ついつい引用元は何なのか巻末を見てしまい、なかなか集中して読み進めないのが難点。(これは私の本の読み方の癖の問題)

堅苦しくない文体で、早朝から深夜までの人々の一日の様子を描写。
小話的なものもあり、面白かった。
人々の話し声、息遣いまでもが聞こえてきそうな、ワクワクする本。
10年を費やして読み込んだ資料を設定したテーマに沿ってまとめ直すのは、いくらパソコンで資料管理が昔に比べて楽になったといえども、膨大な気力とエネルギーを要したと思われ、その仕事に対する熱に感動しかない。

巻末にもあるように、時代や階級などによる違いにまでは及んでいないところもあり、そこが私も読んでいてもやっとしたところであったが、今後そうした部分も精査していかれるよう。
ともあれ、一区切りとしては十分すぎるほど堪能できる読み応えのある本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古代中国の日常生活24時間史

2022/11/30 22:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pinpoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

『古代ローマ人の24時間』の発行以来、日常生活24時間史が大流行りなのかと思っていたが、古代中国史の分野ではこの著作までほぼなかったことをエピローグで初めて知った。

古代の文献から、考古学資料(最近大きな発見が相次いでいる古代墓の副葬品など)まで幅広く調べ上げた著者の労力が、こんな楽しい一般書になって気軽に読めるようになったことに感謝しかない。

明け方の風景から始まって、身支度、朝食、官吏の出勤、市場や農村の風景など、まさに読者が小さな昆虫になって、人々の邪魔をせずに彼らの日常生活を真近でのぞき見する感覚がたまらなくわくわくさせる。
個人的に面白かったのが、トイレと浴室、さらに家畜小屋の関係だった。トイレが二階、豚小屋が一階にあるのは、当時としては究極のエコ生活の実践だというのに不思議と納得してしまう。二階で排泄したものを真下の豚小屋でエコ的に処理してもらう、臭いさえなければ完璧な方法じゃないか。
高貴な家では、トイレの度ごとに下半身をとなりの浴室で洗浄し、着物を着換えていたため、浴室も結構臭く、現代のようにゆったり長風呂する雰囲気ではなかったのもまた興味深い。確かに袖や裾の長い古代中国の衣装では、簡単に排泄もしにくかったはず。この箇所を読んだとき、江戸城の大奥では御台さまのトイレは二間続きで、前室で打掛を脱ぎ裾をからげてから奥のトイレで用を足すというのを突如思い出して、これこそ著者の言っている、異なる文化でもその構成要素は共通している点だと思った。

さらに三国時代の終わりごろ、長江のほとりで遊んでいた子供たちの前に、異界からの使者であることを表す青い衣をまとった子供が現れ、自分は火星人だと名乗った話から、時代も場所も遠く隔たったハーメルンの笛吹き男の逸話を思い出すのは自分だけだろうか?

ここまでくると、古代中国人の精神世界にも興味が湧いてくる。その価値観、金銭感覚、本音と建て前、死に対する考え方など、我々が知る儒教に縛られただけではない彼らの別の顔に光を当ててくれることを著者にはぜひ次回作として期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

素朴な感じをたたえた拓本や模写がいい。

2022/05/04 10:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Koukun - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前「古代ローマ人の24時間」という本を読んだことがあるが、本書はよく似た手法を採用した古代中国版である。全巻トリビア蘊蓄の塊であるが、古代ローマと違ってそれらトリビアが、古代中国の格言やことわざとして現代日本語に残っているので、大変に興味深い。基礎知識的な話の多い導入部はそれほど面白くないが、中盤以降、俄然面白くなってくる。文中に様々の絵が散りばめてあるのも楽しい。特に素朴な感じをたたえた拓本や模写がいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

秦漢時代の民衆の生活

2024/06/13 17:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:福原京だるま - この投稿者のレビュー一覧を見る

秦漢時代の民衆がいつ起きて仕事に行き、食事や宴会、市場などでどう過ごしていたのかというこれまで見過ごされてきた主題に取り組んでいて面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2000年たっても私たち庶民の思考はあまり変わっていない

2022/09/06 11:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「都会の髪型は最先端のファッションとみなされやすく、後漢の長安城で髪を高く盛ることがはやると、周辺地域では高さ一尺に達する髪型が登場する」「朝起きて食事がなければ、とっとと出ていけの意味(まるで京都)」「キャリアの人が若いころは貧乏だったという例もあるが、あくまでもサクセスストーリーとして色付けされたもの」「悪夢をみたら、伯奇、窮奇といった動物が食べてくれる、秦漢時代は獏は夢を食べてくれなかったらしい」、中国には関係のないことだが「日本では古来、道ゆく人にあなたは誰ですかと訪ねなければならないという意味で、日没直後の時間帯を誰そ彼(たそがれ)と呼ぶことがある」、私がこの本を読んで面白かったことを挙げてみた、2000年たっても私たち庶民の思考はあまり変わっていないということか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古代中国の生活がわかりやすく興味深い

2022/04/30 07:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チップ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大変な知識量をわかりやすく、ユーモアも交えた文章で読みやすい
古代中国の時間や季節の感覚
食事
性生活や倫理観
貴族と庶民の違いなど
大変面白かった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

秦漢時代くらいの想定。

2022/04/11 13:27

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国の時代ものだとどの時代を想起しますか?
この本はだいたい秦漢時代くらいの想定で紹介されている。
文字通り朝から晩まで、生活面の多岐にわたる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

興味深いですが、小説として読むには読みにくい箇所も

2022/07/29 09:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国史は詳しくないですが、著者のインタビュー記事を見て面白そうだったので手に取りました。
10年かけて読んだ史料を元に書かれたものとのことで、研究成果のまとめという側面が強いように感じられました。読者がタイムスリップして当時の中国の1日を過ごすという設定で書かれているのですが、物語調になっているかと言えばそうでもなく、独特の文章でした。
所々、何かの史料にちょこっとだけ出てきたんだろうなというものが記載されていて、そこは掘り下げられておらず、事実の羅列と感じられる箇所もあるので、小説として読むならば微妙と感じられます。
興味深い内容なのでRPG風の文章に拘らず、時間軸ではなく項目ごとに分けて、イラストと解説みたいにしたら面白く読めそうです。ただ、ご本人の研究成果のまとめとして考えると、それは難しいというか、特に目指していないのでしょうが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日常性

2022/07/27 23:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

古代中国の、偉人の列伝ではなく市井のヒトビトの日常描写を試みた貴重な一冊。文章はユーモラスなのが良い感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

膨大な史料に裏打ちされた読みやすい良書

2022/02/03 14:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:樫井行人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

秦漢時代の生活を描出するために、膨大な史料の記述を組み合わせて書き出されている。なにしろ4割ほどが史料出典表示という充実ぶり。
書きぶりは非常に簡明で、史料を咀嚼して世界観を構築されているのがよくわかる。
読了後ぼんやりとではあるが秦漢時代の人々の姿が浮かんでくるようになった感覚を得ることができた。

2021年に読んだ歴史系の本の中でも特に素晴らしい内容だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

卑近ともいえるほど身近な実生活

2023/05/30 14:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

当時の人にとって当たり前のことは記録に残りづらい。
それを参考文献を多数使い表わす。

トイレとバスが隣接していたらしく密閉もされていないだろうから、現代でもリラックスできそうにない間取りだな。と思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

庶民の暮らしぶりは「学びの原点」かも?

2023/01/30 08:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:higassi - この投稿者のレビュー一覧を見る

正直なところ特段関心のあるテーマというわけではなかったのですが、新聞等で話題になっているので読んでみました。「古代中国にタイムスリップし、一日二四時間を生き抜く」という設定も、専門家の著者が語るだけに単なる「面白い」に留まらない「深み」がありました。エピローグにある「日常性」や「動かぬ歴史」といった言葉の通り、英雄でない庶民の暮らしぶりは「学びの原点」かもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。