1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. honto+
  4. クリエイターズ・ファイル
  5. Interview25 清瀬まさ子(キヨちゃん先生)(55歳)

書店 通販 電子書籍のハイブリッド総合書店 honto official magazine『hotno+plus』 ホントプラスweb版

連続インタビュー<クリエイターズ・ファイル>

Creative Works Interview25FPO法人 10代少女の為の気持ちホスピタル「ガーベラ」代表 清瀬まさ子(キヨちゃん先生)(55歳)

各界で活躍するクリエイターを紹介するシリーズ、今回は、10代の心に寄り添う「下町の救世主」に密着取材しました。

撮影:浅田政志

In Downtown

―東京下町の繁華街に来ています。この辺りで、FPO法人なる組織を運営している代表者に会えると聞いたのだ。そこで、取材陣一同の目をひときわ引いたのは、明るくなんとも優しい雰囲気のキヨちゃん先生だった。
清瀬 こんにちは。寒いのにご苦労様です。取材に来てくださった方々ですよね? こんなにたくさんで来られるなんて驚いた(笑)。FPO法人・10代少女の為の気持ちホスピタル「ガーベラ」という支援団体をやっております、清瀬まさ子です。おばさんでガッカリでしょ?(笑) この前、孫もできたからもうおばさんどころかおばあちゃんなの。
―本日はお邪魔いたします。清瀬さんは、今何をなさっている最中ですか?
清瀬 私たちやあなたたちよりもっともっともっと若い子、いわゆる10代の女の子たちが何かに対し少しだけ迷っていないか、困っていないか、寂しくはないか、お腹空いていないか、すべてを見回っているの。わかりやすく言うと、若者の為のパトロールというか、「おせっかいおばさんのパトロール」というか。どっかのおばさんのクッキーみたいになっちゃったわね(笑)。昼も夜も、晴れの日も雨の日も歩きますよ。困っている10代なんてたくさんいるんです。特に女子は、十分な注意を払ってあげないと見落としちゃう。同じ女性だからこそわかるっていうこともありますしね。とにかく現在は人手が足りないということもあり、私自身がパトロールをやっているのです。
―たとえば、そういった少女たちは、どういうところにたむろしているんでしょうか。
清瀬 やっぱり、まずはじめに行くのが駅前のコインロッカーかな。家出した子が荷物を置いて、タンス代わりに使うことも多いですね。
―その後、一同コインロッカーに向かうと、清瀬の言うとおり、そこには10代と思われる二人の女性の姿があった。
清瀬 お話ししていい? 女子トークとなると、おばさん邪魔かな(笑)。二人はおいくつ? お名前は? おばさんのこと、キヨちゃんでもいいし、キヨちゃん先生でもいいし、へんてこおばさんでもいいし、好きに呼んでね。おばさん慣れてるから。
アイリ ……17歳。アイリ。

続きは、「Interview17~33」を収録した

クリエイターズ・ファイルVol.1

『クリエイターズ・ファイルVol.2』

2018年3月1日発売。本体1,843円+税(BOOK&DVD2枚組セット)

詳細はこちら!

合せて、「Interview1~16」+「単行本限定特別インタビュー」を収録したこちらも

クリエイターズ・ファイルVol.1

『クリエイターズ・ファイルVol.1』

2016年9月20日発売。価格1,400円+税(DVD付き)

詳細はこちら!

他のバックナンバーを読みたい方はこちら

honto+(ホントプラス)トップページへ

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

中川翔子のポップカルチャーラボ

  • 中川翔子のポップカルチャーラボ

スマホ壁紙プレゼント

クリエイターズ・ファイル祭

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。