1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. honto+
  4. クリエイターズ・ファイル
  5. Creative Works Interview 54 フードソルジャー サタン小松田

書店 通販 電子書籍のハイブリッド総合書店 honto official magazine『hotno+plus』 ホントプラスweb版

連続インタビュー<クリエイターズ・ファイル>

Creative Works Interview 54 フードソルジャー “米屋泣かせの絶対女王”
サタン小松田(45)(小松田奈々)

気鋭のクリエイターを紹介する当シリーズが取り上げるのは、女性フードソルジャーのクイーンに君臨するサタン小松田(小松田奈々)。人気番組『WOMAN'S FOOD WARS GRAND PRIX 』(関東TV)の収録現場を訪れた取材班は、今年もチャンピオンの呼び声高い、サタン小松田の強さの秘密に迫った。

撮影:高橋宗正

A week for the Final Match

──大食いの殿堂WFWGの決勝まで1週間ですが、いまのお気持ちは?

「あ、そこまでは緊張とかしてないかも、です。実際に最終調整するのは、いつも5日前からにしています。職場にも迷惑かかっちゃうんですよ。私、ふだんは普通のOL、というか経理なので。極力、生活が変わらないように、できる範囲内で」

サタン=悪魔 とはまるで真逆の性格である彼女。
いつもマイペースでおっとりとしているが、勝負になると……

──経理のお仕事は、小松田さんの計算や分析を駆使するという画期的なファイトスタイルにも影響を与えているのでしょうか?

「はい。相手に対し、分析や計算はできるだけするようにしています。自分なりに勝てる戦略を持っておきたいというか、たんに心配性なので、はい」

物流会社では経理を担当する。仕事仲間からの信頼も厚い。“サタン”の名付け親は、同僚の柏原真由美だという

人生においても常に腹八分がいい

──満腹になる前にやめるというスタイルもまた、小松田さんならではの戦い方です。最近では、余裕を残して辞退する「腹八分の女王」なんて言われていますね。

「まず、おいしくないと、食べる意味はないと思っています。大食い企画だからこそ、まずいものは食べたくない。おいしくもなく、ただただデカ盛りなだけの食べ物って、赤ちゃんでも作れると思うんです、はい。むしろ腹八分食べたってことは、おいしかったってことです。腹三分でやめたことだってあります。私は、人生においても、常に腹八分がいいって考えですから」

──小松田さんがフードソルジャーに挑戦したきっかけは?

「いまの職場のメンバーで花見をしていたときに、隣で地元の大食い大会をやっていたんです。そのときの専務に、まあ今は社長なんですけど、参加してみろ!って言われて。流れで、はい」

──普段はどれくらい食べるのですか?

「案外、少食だと思います(笑)」

──ええええ!? 少食なんですか?? 意外ですね。1週間後の決勝、がんばってください。

「ありがとうございます」

Final Match

レベルが高すぎると話題になるほどの今大会メンバー。温泉ソムリエ三田が初戦で敗れ、ハウスキーパー牧野がリタイアするなど波乱の幕開けとなった

 すでに、5分が経過しようとしている。

 8月の太陽にじりじりと照りつけられたまま、微動だにしない3人。カレーを運ぶスプーンも、ぴたりと動きをとめて皿に張り付いたままだ。

 サタン小松田の、メイクに縁取られた目だけが鋭い光を放っていた……。

 関東TV制作の人気長寿番組『WOMAN'S FOOD WARS GRANDPRIX』の決勝第3ラウンドで、それは起こった。

 決勝に残ったのは3人。精肉店勤務で肉類に絶対的な強さを発揮するミート石鍋と、小柄な体で次々とライバルをなぎ倒していく地下アイドルおかぴぃ、そして、計算尽くし絶対王者、サタン小松田だ。

 勝負を決めるのは、カレーだ。今回のカレーは、「PTAのカレー」対決。五品小学校PTAのお母様方が、各家庭のあまったカレールウをブレンドし、それぞれお米も持ち寄った安心の最強カレーだ。父兄の集まりやバザー、球技大会などの学校行事でおなじみといえばおわかりであろう。

ミート石鍋(手前)は5年前サタン小松田にホッケで敗れた悔しさを晴らしたいという

 開始1時間15分、するすると飲み物のようにカレーを流し込んでいた3人の動きが止まった。

 優勝まちがいなしと思われたサタン小松田は、1回戦で、168枚の冷凍ピザ、2回戦で8キログラムものちりめん山椒を、さらには、ガム、想像もつかない量を胃の中に放り込んだツケが回ってきたのだろうか。名物「サタンのメイク直し」も灼き付ける太陽の下では意味をなさない。

次々と手の甲に置かれる「ちりめん山椒」をもの凄いスピードで口に運ぶ姿は圧巻としか言いようがない

約20キロはあるという「駿河 能書き屋のちりめん山椒」

「3回戦~ガムの戦い~」
味が無くなる度に、「味がしなくなりました~」と手を挙げ、新しいガムを口に入れて貰う。ラストスパートをかける彼女の表情は強烈だ。大好物は「喫茶デロン de ロン」のピザトースト。しかしプライベートでは1枚が限界というのがまたおもしろい

 1時間半が経過したとき、サタン小松田が立ち上がり、小刻みに体を揺すりはじめた。石鍋とおかぴぃはサタン小松田を睨みつける。この戦いは一体、誰が勝利するのか……?

 この決勝戦の全容は、9月5日(木)放送の『WOMAN'S FOOD WARS GRAND PRIX』(関東TV)をぜひご覧ください!

他のバックナンバーを読みたい方はこちら

honto+(ホントプラス)トップページへ

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

中川翔子のポップカルチャーラボ

  • 中川翔子のポップカルチャーラボ

スマホ壁紙プレゼント

クリエイターズ・ファイル祭

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。