サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~10/31

新規会員50%OFFクーポン ~10/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 325件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2019/04/10
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • ISBN:978-4-344-42852-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

蜜蜂と遠雷(上)

著者 恩田陸

近年その覇者が音楽界の寵児となる芳ヶ江国際ピアノコンクール。自宅に楽器を持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女としてデビューしながら突然の母の死以来、弾けなくなった栄...

もっと見る

蜜蜂と遠雷(上)

税込 763 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 8.8MB
Android EPUB 8.8MB
Win EPUB 8.8MB
Mac EPUB 8.8MB

蜜蜂と遠雷 上 (幻冬舎文庫)

税込 803 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近年その覇者が音楽界の寵児となる芳ヶ江国際ピアノコンクール。自宅に楽器を持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女としてデビューしながら突然の母の死以来、弾けなくなった栄伝亜夜20歳。楽器店勤務のサラリーマン・高島明石28歳。完璧な技術と音楽性の優勝候補マサル19歳。天才たちによる、競争という名の自らとの闘い。その火蓋が切られた。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー325件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

馴染みのないアイテムだらけの物語を夢中で読む。

2020/09/29 23:27

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タオミチル - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピアニストが主人公、しかもあまりなじみのないクラシック。舞台は、彼らが競うピアノコンクール。面白く読めるんだろうか?と思いつつ、紐解き、あっという間に夢中になった。音楽を...聴いて楽しむものを「書く」ことで表現する。ハードルが高そうな試みはあっさり悠々飛び越えられ、いままで読んだことのない物語として結実。そして、エンターテインメントとしても秀逸で、先へ先へと興味が進む。上巻はコンクールの二次予選の途中だが、聞かなければならない楽曲リストが心の中にどんどん増えた。特に、課題曲である「春と修羅」を聴きたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気読み注意

2019/10/19 20:45

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

忙しいときには決して手に取ってはいけない本です。寝る前に手に取ってしまい、気がつけば空が白々・・・。ピアノコンクールの予選から本選を描いている「だけ」なのに、読み出したら止まりません。静かな夜だから、本作中の演奏・ピアノの音色の描写をいろいろ思い描いて没入してしまいます。(ピアノを弾いたこともないのに・・・)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

下巻を早く読もう

2020/08/10 13:52

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅんじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

完全に出遅れたが、これは傑作だなあ。直木賞と本屋大賞のW受賞も納得。なんだろう、別に悲しいシーンとか感動的なシーンじゃないのに、読んでてふいに涙が出てくる時がある。特に明石のシーンがやばい。歳をとって涙もろくなってはいるんだが、それとは違うような気がする。映画化したらしいが、これは難しいぞ。早く下巻を読まんと。どう着地するんだろう。普段の恩田さんなら予測がつかんが、今回は直木賞だからなあ。楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

表現力が

2021/01/23 11:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nap - この投稿者のレビュー一覧を見る

音楽的センスのない私にも、空間が目に映るような、
そんな表現力で音楽を表してくれています。
下巻を読むのが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画を見て買いました

2019/10/31 09:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴーた - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画を見てその帰りに購入しました。映画にはないエピソードが満載!ハードカバーとどちらにしようか迷いましたが、ハードカバーは本文が2段になっていて、ちょっと苦手な感じだったので、文庫本にしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

涙が止まらなくなるので、人前では読みづらい

2019/09/09 22:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

いい作品に出合えて幸せだった。亜夜とマサルの再会シーンには涙が出てしまった、そして亜夜が再びプロコフィエフ第2番を弾こうとする場面も。「蜜蜂と遠雷」というタイトルはどこから来ているのだろう。作品の中では蜜蜂について「明るい野山を群れ飛ぶ無数の蜜蜂は、世界を祝福する音符であると」と、遠雷については「遠いところで、低く雷が鳴っている。冬の雷。何かが胸の奥で泡立つ感じがした。稲光は見えない」と表現されている。「音楽を外に連れ出せ」という恩師ホフマンの塵に対する宿題がタイトルになっているのである。「理解できる天才」のマサルと「理解できない天才」塵、そして両方を兼ね備える亜夜、3人とも好きだったので最後は誰が優勝してもいいやと思ってしまった、そして、明石さんの存在も忘れらない、素敵な人だった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この恩田陸が一番好き!

2019/07/13 23:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みー - この投稿者のレビュー一覧を見る

恩田陸の本は好きで色々読みましたが、“蜜蜂と遠雷”は新たな全く新しい恩田陸ワールド。恩田陸らしい、普通な日常の隙間にゆれる現実にはない世界感がが、この話の中ではもっとリアルに力強く躍動感を持って迫ってくる。大人がもっと自由に飛躍したくなれる、そんな本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

蜜蜂と遠雷 上

2019/06/27 22:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

風間塵の自由奔放な演奏、亜夜のピアノへの復帰など、コンクールに参加する一人ひとりの思いや感情をあますとこなく書かれていると思いました。クラッシックだけでなく、章のタイトルにジャズのナンバーを入れるなど工夫をこらした作品になっていると思いました。一気に上を読んでしまいました。さすが、直木賞、本屋さん大賞を受賞した作家だと思いました。期待を裏切らない作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

芸術は庶民のために。 人と人を結ぶ文化の結晶。

2021/10/15 09:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピアノとは、音楽とは、こんなにも身近で、素晴らしいものだったのか!

小説の行間から、美しい音色が聞こえてくる。

登場人物の喜怒哀楽が、我が事のように胸に迫ってくる。

芳ヶ江国際ピアノコンクールにエントリーした4人のピアニストを通して、熱く激しい物語が繰り広げられる。


一つの舞台の中で、たくさんの人生が交錯し、葛藤が渦巻き、情熱が弾けあう。


難しいことなどわからなくても良い。

音に触れ、文章に親しみ、心から感動する。それだけでいい。

芸術は庶民のために。

人と人を結ぶ文化の結晶。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「音楽が大きい」

2021/09/14 08:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

「音楽が大きい」、最初はぴんと来なかったこの言葉が理解できるようになって俄然この物語が面白くなった。
マサルも亜矢も、そして塵も口よりもずっとピアノのほうが雄弁。むしろ音楽で語りたいのだ。
下巻で彼らが音楽で何を伝えてくれるのか、楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

日常の調べすら物語の一部になる

2021/07/18 00:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hatonohi - この投稿者のレビュー一覧を見る

話題になった作品だし…とりあえず、と、ぼんやり読み始めた。
何日かかけて、のんびり読書を楽しむつもりだった。
が、この作品はそれを許してくれない。

決して少なくない登場人物も、みな個性的に、そして愛おしく感じる。

頭の中に聞こえない筈の音楽が聞こえる。
ふと日常に戻ると、身体が無意識に秒針でリズムを取っていて、短くない読書生活でも始めての事におののいた。

上巻を読み始めたその日、息をするように下巻も手に入れました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

映画は

2019/12/31 18:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

見に行こうと思っている間に終わってしまって、残念だった。ということで原作を読み込んでからDVDなどで楽しもうと思う。演奏シーンを映画館の大画面で見れなかったのが悔やまれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすく楽しい

2019/11/17 23:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物のキャラクターも分かりやすく、クラッシックについて知識がなくても読みやすくて一気に読める。読んだ後、「素敵な音楽を聴きに行きたい」と思わせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読んで良かった

2019/11/16 17:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化された作品だということは知っていたが誰が演じたのかも知らない状態で何となく読み始めたが面白い
頭の中で映像化されるのである
そして映像では、ほんの数秒のシーンにしかならないであろうことさえ丁寧に文章にしてあると、より深く頭の中で理解され心に染みる
読んでいる間は魅力ある登場人物に惹かれ夢中になり、ピアノの音が頭の中を駆け巡る、そんなひと時だった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

映像を見ているよう

2019/10/07 14:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちゃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みやすい文章で一気に読んでしまった。登場人物の描写もよくて自分もそこにいる気持ちで読んでいるのに音も聞こえてきた。凄い!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。