サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 441件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2022/05/24
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春e-book
  • ISBN:978-4-16-391541-8
一般書

電子書籍

夜に星を放つ

著者 窪美澄

かけがえのない人間関係を失い傷ついた者たちが、再び誰かと心を通わせることができるのかを問いかける短編集。コロナ禍のさなか、婚活アプリで出会った恋人との関係、30歳を前に早...

もっと見る

夜に星を放つ

税込 1,500 13pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 2.9MB
Android EPUB 2.9MB
Win EPUB 2.9MB
Mac EPUB 2.9MB

夜に星を放つ

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

かけがえのない人間関係を失い傷ついた者たちが、再び誰かと心を通わせることができるのかを問いかける短編集。

コロナ禍のさなか、婚活アプリで出会った恋人との関係、30歳を前に早世した双子の妹の彼氏との交流を通して、人が人と別れることの哀しみを描く「真夜中のアボカド」。学校でいじめを受けている女子中学生と亡くなった母親の幽霊との奇妙な同居生活を描く「真珠星スピカ」、父の再婚相手との微妙な溝を埋められない小学生の寄る辺なさを描く「星の随に」など、人の心の揺らぎが輝きを放つ五編。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー441件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

五つとも

2022/09/14 16:47

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

五つのお話、どれをとっても、
読みやすく、面白く、展開も気になって、
1日1編ずつ、5回に分けて、読むことができました。
考えさせられることばかり。
直木賞にふさわしい1冊ですね。
今回は、芥川賞も直木賞も、読みやすくてよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ソーシャルディスタンスという新しいつながり

2022/07/22 07:47

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

窪美澄さん、第167回直木賞受賞おめでとうございます。
 直木賞候補は『じっと手を見る』『トリニティ』についで、すでに3回めで
 『ミクマリ』で第8回女による女のためのR-18文学賞大賞を受賞したのが2009年だから、
 窪さんの作家としての実績もすでに10年以上。
 『ふがいない僕は空を見た』で第24回山本周五郎賞を受賞したのが2010年だから、
 直木賞という新人賞は、窪さんには少し遠くなったかもしれないと、正直にいえば、
 この『夜に星を放つ』での受賞はないかもと観念していたところ。
 それがそれが、これまでずっと窪美澄さんの作品を読み続けて読者として
 こんなにうれしいことはありません。

 受賞作がどんな作品なのか。
 本のタイトルがしめすように、この短編集には星座をちりばめた作品5編が収められている。
 発表年度もさまざまで、もっとも古いのが2015年に発表された「銀紙色のアンタレス」。
 実はこの短編は2016年に刊行された『すみなれたからだ』に既に所載のもの。
 一番新しいのが2021年に発表された「真夜中のアボカド」と「星の随(まにま)に」。
 2つの作品にはコロナ禍でのマスク越しの恋愛や営業自粛でぎくしゃくした家族が描かれて、
 ひと夏の純な少年の恋を描いた「銀紙色のアンタレス」とは随分違うところにきたと思わせられる。
 それは窪さんがこれまで描いてきた作品の変化ともいえるし、
 逆に窪さんがこれまでもずっと描き続けてきた、人と人との距離の取り方そのものといえる。
 窪さんが変わってのではなく、私たちの世界がその距離の取り方を変えてきているような気がする。
 そういう時代の変化をこの短編集で味わうのもいい。

 それでも、好きな短編をひとつあげるとすれば、私はやはり「銀紙色のアンタレス」をあげる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星にまつわるお話

2022/07/27 15:46

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫苑 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ガッツリ星のお仕事が関わっていたものから、日常で私達がふとオリオン座を気にするような、そっとした描写まで。
登場人物のそれぞれが相手を大切に思う気持ちが伝わってきました。
特に、母親をなくしたいじめられっ子の話では、当人以外はホラーに見えますが、当人は逆に救われており、気味悪さを感じさせません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

【かけがえのない物を失ったからこそ、取り戻す為の人生】

2023/03/14 17:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えびし - この投稿者のレビュー一覧を見る

コロナ禍で様々な不自由を迫られても、心を通わせる事を諦めない人々の物語。

コロナが蔓延していつしか人々の日常になった。
マスク生活も自粛生活も未だに終焉の目処は立たない。
しかし、コロナが流行っても、季節は巡るし、人は恋もする。
そんな諸行無常の中、この物語では大切な人を失った人々のその後を描く。
失った物にいつまでも囚われている訳にいかない。
人は忘れる事で強く生きれる生き物だ。
この先の未来で己の手で大切な物を取り戻す。

その輝きを故人は星の上で喜んでくれる筈だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短篇集

2022/11/28 00:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん岩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

5つの短篇。
「真珠星スピカ」みちる「星の随に」想が特に心に残った。二人とも子供なのに自分で自分の心に折り合いを付けようとしていて切なかった。どちらも母との別れを経験している。でも死別で学校ではイジメにあっているみちるより、離別で新しい家族が増えている想のほうがやるせない。
どの話にも星が印象的なシーンで出てくる。星を見るには目を開き上を見上げないと見えない、眩しくもないからゆっくり見ることも出来る。それはほんの少し今いるところから前に進む切っ掛けになることもある。
人の心は揺らぐ、星も地球から見れば揺らぐ。ゆらゆらと揺らぐそれが人を引き付けるのかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

直木賞受賞作

2022/08/09 05:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

星座を散りばめた5篇の短編集。
他の方のレヴューを読んで、書いた時期が異なることを知る。
どれも上手く書かれている印象。

夏の海、おばあちゃんの家が気持ち良いくらいに描かれている「銀紙色のアンタレス」。海の水の気持ちいいこと、スイカが瑞々しくて美味しいこと、おばあちゃんの家で昼寝している時に吹く気持ちいい風。
読んでいて自分の思い出の夏に帰ったようになる。

亡くなったお母さんの幽霊が見える「真珠星スピカ」。学校のイジメが読んでいてキツいが、娘と父、泣けてしまう。

短編集は直木賞に不利と言われる。
本作を読むとよく分かるような気がする。
個人的にも長編小説の勢いのある物語を欲してしまう。
贅沢だけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星空が似合う

2022/08/05 13:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

星座と星、夜空を見上げるたびに、様々な物語を思い出すが、この短編集は、そんな空の星を種に、物語の世界が膨らんだのだと思う。様々な生き方をする人々の生きづらさ、心の揺らぎを描き、それを抜けるようにして乗り越えていく姿が、読む者の心に小さな輝きとなって残る。その輝きは、アンタレスかもスピカかも、それとも。夜空の下では読みづらいが、星空が似合う物語たちだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星空

2022/07/22 19:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タキオン96in - この投稿者のレビュー一覧を見る

天球を巡っていく星のような時間。そんな日常の中にも、流れ星が流れるような時もある

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どのお話も少しだけ希望がある

2023/06/20 22:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

大事な人との未来が叶わなかったら悲しいから
考えないようにする男の子の気持ちがよくわかる。
失った時の辛さを、少しでも軽くするために。
実現した時の喜ひを大きくするために。
みんなそうやって自分を守りながら
前に進もうとするから、
どのお話も少しだけ希望がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

丁寧な文体

2022/09/12 13:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nap - この投稿者のレビュー一覧を見る

直木賞かあ。
丁寧な文体で書かれてるのはわかるけど、
内容は特に印象に残らなかったなあ。
可もなく不可もなくって感じかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すこし前に読みました

2022/07/22 20:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

でも、直木賞受賞というので感想をかかせていただきます。星をテーマにした、短編集ですが、どれも、あたたかい感じがしました。ストーリー自体は、ありきたりのものもありますし、ハッピーエンドでないものもありますけど……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/06/16 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/20 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/10/30 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/04/06 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。