サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 756件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/11/01
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: クリスティー文庫
  • サイズ:16cm/387p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-131080-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

著者 アガサ・クリスティー (著),青木 久惠 (訳)

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の...

もっと見る

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

税込 1,034 9pt

そして誰もいなくなった

税込 1,034 9pt

そして誰もいなくなった

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.4MB
Android EPUB 5.4MB
Win EPUB 5.4MB
Mac EPUB 5.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が響く…そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく!強烈なサスペンスに彩られた最高傑作。新訳決定版。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔2003年刊の新訳〕【「TRC MARC」の商品解説】

掲載中の特集

サスペンス小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー756件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

兵隊島に招待された10人が、次々と殺されていく。犯人の動機(正義と嗜虐趣味の並存)に考えさせられる。

2019/08/07 11:44

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

クローズド・サークルと見立て殺人の代表作。様々なオマージュ作品が発表されている。本格推理の金字塔。見立て殺人もあり、ストーリー展開に中だるみするような部分がない。全く予想もつかず物語をそのままに楽しむことができる。正統なミステリーもやはり面白い。不可思議な謎は解かれてこそ意味がある。迷宮入りの事件。背筋が栗立つような怖さ。静かに一人一人が消えていく。選ばれた十人の人間たちの本当の姿、そして真実の犯人とは…?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誰もが知るタイトル、今更ながら読んでおかないと

2023/07/23 19:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

現在、活躍されているミステリ作家の方々が、若い頃に読んで刺激を受けたのでしょうか。と想像しました。たとえばアニメの名探偵コナンにしても、館に人々が集まってきて、殺人事件が起こる。などというお決まりパターンが時々あります。すべて、根源はこのアガサ・クリスティの本作からきているのでしょう。まさに先駆者です。遅ればせながら読み、とても素晴らしく感銘を受けました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほんとうに誰もいなくなる

2022/06/10 12:46

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後の種明かしまでまったく犯人がわからない。
各登場人物の描写はしっかりとしつつ、何故かすんなり読めてしまう不思議。
一気に読んでしまうと、私は一体何を見せられたんだ……?という気になる。
ミステリー界の名著とのことなので、ミステリーが気になる人はぜひ読んでみて欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かったです

2021/11/19 11:50

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:iha - この投稿者のレビュー一覧を見る

色々な理由で孤島に騙し集められた10名は、過去に過ちを犯しそれを償うことなく生きているという共通点があります。そして「10人の兵隊さん」の詩になぞらえ、ひとりひとり殺されてゆきます。残されたひとびとは、閉ざされた孤島で、犯人の分からぬ中お互い疑心暗鬼となり、どんどんと追い詰められて行きます。最後の謎解きも見事。密室系ミステリーの元祖というべき作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

流石ミステリ小説の金字塔

2021/07/06 13:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリ小説を初めて読むかたにもおすすめ出来ます

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

兵隊島へ

2021/02/21 07:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

クローズドサークルミステリーの定番。もう人物紹介の件からヤバそうな雰囲気がプンプンしてます。何も起こらないわけがない、と言うかそもそもそんな所へ行くわけがない。ところが行っちゃうんだなぁ。そして事件が起きない訳がない。 おそらく全てのミステリー作家がこの作品を読み憧れてその道を志したのではないだろうか。それほど完成されているし鮮やかだし文章が洗練されている。素晴らしい作品だと思います。 ミステリー毛嫌いしてましたが古典からときどき読んでみようと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ただの面白いミステリじゃない!

2020/04/27 18:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワガヤ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後、真犯人は、「百に一つの可能性」と言いつつ、きちんと真実が公になる、その方法まで、見事でした。
途中から、残ってるメンツの中に真犯人がいることに疑問を感じつつも、誰が犯人なのか最後までわからない感じがいいです。最後にわかって、なるほど、となります。謎がずっと続いて、面白かったです。
そして、正義と嗜虐趣味の並行という恐ろしい性格も、一つのポイントになっているところも、ただの不可思議な連続殺人というだけじゃない側面をこの物語に与えていると思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

圧巻

2020/04/16 15:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シェルコウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

実際には絶対に起こらないだろうなと思いつつもやっぱり引き込まれてしまうのがクリスティーのすごさなのかなと思います

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

逃げ場のない恐ろしさ

2019/09/10 19:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

島は逃げ場がないから怖い。そう犯人に都合よく登場人物が動くかな?と思いつつもやっぱり面白い。次は誰が殺されるのか?ページをめくる手が止まりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アクロイドとならぶ名作

2019/04/30 09:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トッツアン - この投稿者のレビュー一覧を見る

アクロイドと同じく名作中の名作。クリスティの中でも一、二を争う作品と思う。緊張感のあるストーリーで一気に読めてしまいます。
昔、スキー小屋を舞台にした古い映画を見たが、その時も感動した。それに比べると最近のドラマ物はつまらない。やはりオリジナルが一番と感じた。
ミステリーを読み始めた人も、まだ読んでいない人も是非一読してください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ポワロは出てこないけれど

2018/06/11 13:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーの女王アガサの著名作の一つ。
筋立ても当時は斬新だったろうし、出てくるイギリスの軍人、一般人の
態度や生活が感じられて面白い。

読んでからドラマや映画で映像を見ると、一層イメージが湧いて
楽しめること請け合い。おすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

1度は読んでおくべきミステリーの名作。

2017/10/26 10:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:monica - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルで何が起こるかは言ってしまっているので、最後の一章までは長く感じるかもしれません。似た様な作品はいっぱいあるけれど、個々のキャラクター設定、構成が素晴らしく、飽きさせない作品なっているのが、凄いと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1939年作品。

2017/05/28 19:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

クリスティーノンシリーズミステリ。一応犯人は覚えているはずの状態での再読。動機は結構忘れていた。
この作品はアクロイド以上にアンフェアだと思う。でも面白い。これが戦前作品ってやっぱりものすごい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さすがアガサ

2017/01/31 08:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナウシカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすがです。時代は恐ろしく昔なのに、古さを微塵も感じない。その時代にどっぷりはまりました。携帯がないのが当たり前と思ってしまう。引き込まれかた。凄い

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不朽の名作

2016/12/28 21:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コスモス - この投稿者のレビュー一覧を見る

アガサ・クリスティーの代表作である「そして誰もいなくなった」
傑作の一言に尽きると思います。
この作品の魅力は次のような点だと思います。
・犯人が自分たち(被害者)の中にいること
・現在進行形で殺人事件が進行していること
これらにより、他の作品に比べて緊迫感の漂うミステリー小説になっていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。