サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

怖い絵(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/07/25
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/264p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-100912-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

怖い絵 (角川文庫)

著者 中野 京子 (著)

ドガ、ムンク、ホガース…。16〜20世紀の西洋名画に恐怖を辿ることを試みた一冊。恐怖と全く無縁と思われていた作品が思いもよらない恐さを忍ばせているという驚きと知的興奮。心...

もっと見る

怖い絵 (角川文庫)

734(税込)

怖い絵

734 (税込)

怖い絵

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ドガ、ムンク、ホガース…。16〜20世紀の西洋名画に恐怖を辿ることを試みた一冊。恐怖と全く無縁と思われていた作品が思いもよらない恐さを忍ばせているという驚きと知的興奮。心の底からゾッとする名画の見方、教えます。〔朝日出版社 2007年刊に加筆訂正し、新たに2作品を書き加える〕【「TRC MARC」の商品解説】

残酷、非情で甘美……名画の“怖さ”をいかに味わうか、そんな新しい鑑賞法を案内する大ヒットシリーズの第1弾、待望の文庫化。ラ・トゥール『いかさま師』、ドガ『踊り子』など20点の隠れた魅力を堪能!【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

絵画に対する造詣が深くなくても

2016/12/01 14:25

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵画芸術は本当に表面的にしか知りませんがそれでも引き込まれるようなすごみがありました。惜しむらくは手に取ったのが文庫だったため掲載された絵が小さいこと。普通の単行本のほうが幾分大きいのでそちらを手に取る方がいいかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「怖い絵」展を見て購入しました

2017/12/04 13:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまでの絵画鑑賞と違い、しっかりと解説を読みました。その絵の時代背景、隠された物語を知って絵を見ると、その絵は「違う顔」を見せるのです。知らなければ怖くもなんともない絵でも、知れば背後にある「闇」を見ることになります。絵画鑑賞の新たな視点を開く本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

単行本版・文庫本版・電子版すべて所持しています

2017/12/15 12:56

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

単行本版を持っていましたが、のちに文庫版が発売され、
2編追加収録(ダービー「空気ポンプの実験」、ゴッホ「自画像」)になっているということで文庫版も購入。
そののち、「持ち運べるとうれしいなあ」と思うようになり、電子版も購入しました。
冒頭に、電子版にはフランシス・ベーコン「ベラスケス〈教皇インノケンティウス十世像〉による習作」、
岸田劉生「切通之写生」 の2点が収録されていない旨記載があります。
これで「収録されていない話が2つもあるなんて」と思ってしまっていましたが、
読み進めてみると、「ベラスケス」の方は、メインの画像こそ収録されていないものの、
ベーコン作品の元になった絵画は収録されています。
また、岸田劉生「切通之写生」に関しては、「怖い絵」の題材になっている
(章立てとして取り上げられている絵画)というわけではなく、本文の中で出てくる参考画像(派生話)ですので、
あまり気にしなくてもいいかもしれません。
ただし、ベーコンの「ベラスケス〈教皇インノケンティウス十世像〉」は「見ないと想像しにくい、見ると背筋が凍る」作品なので、
ぜひ検索するなりして、画像を見てから本文を読むことをおすすめします。
また、単行本版と文庫版では収録順序(本の構成)ががらりと異なっており、
表紙になっているラ・トゥールの「いかさま師」は、単行本版では大トリを務めている一方、
文庫版では冒頭にきています。
好みはあるかと思いますが、文庫版・電子版でラ・トゥール、ドガ、ダヴィッドなどが初めの方に収録されているのは、
この本を書こうと思ったきっかけとなっている作品たち(そして表紙に選ばれている作品)だからと思われ、
そういった作品群が前半に収録されている方が、個人的にはしっくりくるなと感じました。
中野さんがこの「怖い絵」シリーズを書こうと思ったきっかけとなっていると明言しているのは、
ドガの「エトワール、または舞台の踊り子」、ダヴィッド「マリー・アントワネット最後の肖像」です。
上野で開催された『怖い絵』展を観て、吉田羊さんのオーディオコメンタリーを聴いた/解説文を
すみずみまで読んだという方は、文庫版から入るのが展示との関連性を感じやすいかもしれません。

また、文庫版・電子版には逢坂剛さんの解説が入っているのですが、
これがなかなか「中野京子マニア」にとってはうれしいおまけ話となっています。
中野さんが実は逢坂さんが選考委員を務めるオール読物推理小説新人賞に応募して最終選考に残っていた件などは、
なるほどこれが中野さんの文章が面白い&絵画に対する、時に探偵のような考察の秘密か、とうなずかされます。
文庫版・電子版に追加になった2本の作品のうち、ゴッホの「自画像」内の描写は特に、目を瞠るものがあります。
1966年製作の映画『将軍たちの夜』が紹介されているのですが、
そのあらすじに引き込まれつついたところ、突然ゴッホ「自画像」が現れます。
この文章を読むためだけでも、文庫版・電子版を購入する価値ありと思わせるほどの構成です。

電子版が単行本版、文庫版より優れていることに、収録されている作品は全てカラーで見る事ができます。
どうしてもモノクロ印刷や、カラー印刷ですら潰れがちな細部も、
データなら拡大してつぶさに観察する事ができます。
無論単行本版のように大きな画像をいつでも気になった時に、
文章を読みながらチラチラと眺めることは難しいのですが(やってやれないことはないけれど、かなり気が散る)…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい

2017/01/22 15:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:温泉に行きたい - この投稿者のレビュー一覧を見る

この絵にこんな意味や背景があったのか。と知ることができる一冊です。非常に有名な絵もあればそれほど有名ではない絵もありますがそれぞれに興味深いエピソードが書かれています。続編が出たら読んでみたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

興味深い絵の数々

2016/12/23 12:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

最も怖い絵と言われるゴヤの「我が子を喰らうサトゥルヌス」は確かに怖い。理性など吹き飛んだ恐怖、自らの子を食い殺しているサトゥルヌスの自分自身への恐怖を描きだしたゴヤも怖い。他にユーディトを描いた殺人現場そのもののアルテミジアの絵と比較されたカラヴァッジョが妙に印象に残っている。びくびくした弱々しい女にわざわざ首を切られてやっているようにしか見えない男の図。こんな絵が描かれて残ってきた事実はちと怖い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

見た目からは想像もつかない絵画の真相。

2015/09/26 21:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:historian - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゴヤ・ティントレット・ボッティチェリ・ブリューゲルなど超有名画家からそれほどでもない画家まで、20点の絵画を取り上げて解説した本。一目見るだけなら華やかだったり不気味だったり不思議だったり色々な印象を受けるが、画家の人生や立場・時代背景・絵の画題やモティーフなどなど細かく見てみると、見た目からは想像もつかない意外な裏が明らかになる。絵画のおもしろさが分かる一冊だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

絵の真相

2017/10/27 23:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱぱちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

有名な絵の中に奥深い真相があることを知りました。絵の背景を知ると,美術館などで絵を楽しむときの参考になります。絵を見る前の予習に使うといいような感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/11 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/04 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/20 06:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/23 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/15 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/15 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/14 14:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/03 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る