サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

コンビニ人間
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 733件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/07/27
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/151p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390618-8
  • 国内送料無料

紙の本

コンビニ人間

著者 村田沙耶香 (著)

【芥川賞(155(2016上半期))】36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がや...

もっと見る

コンビニ人間

1,404(税込)

【ポイント30倍】コンビニ人間

1,000 (税込)

【ポイント30倍】コンビニ人間

ポイント :9pt / 紙の本より404おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【芥川賞(155(2016上半期))】36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。【「TRC MARC」の商品解説】

第155回芥川賞受賞作品!

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。【商品解説】

36歳未婚女性、古倉恵子。 大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。 これまで彼氏なし。 オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、 変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。 日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、 清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、 毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。 仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、 完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、 私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。 ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、 そんなコンビニ的生き方は 「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。 現代の実存を問い、 正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。【本の内容】

著者紹介

村田沙耶香

略歴
〈村田沙耶香〉1979年千葉県生まれ。2003年「授乳」が群像新人文学賞優秀作となりデビュー。13年「しろいろの街の、その骨の体温の」で三島由紀夫賞、16年「コンビニ人間」で芥川賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー733件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

一気に読めました

2016/07/29 21:58

17人中、15人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

芥川賞を受賞しても、・・・・・・という作品が多かったのですが、今回はもろ手をあげて評価しましょう。おととい買って、昨日、一気に読めました。文体のなめらかさ、読みやすさ、なんともいえないユーモア、それでいて、うん、ありそう、でも、・・・・・・、の繰り返し。現代をみごとに描写してくれました。私も、この主人公のようなところがあり、それでいて、まわりの人間のようでもあり、『何者』と通ずる、現代社会の怖さみたいのが、軽やかに描かれています。『火花』よりも、こっちを、ドラマ化、あるいは、映画化してほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マニュアル

2016/07/30 23:48

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学1年以来コンビニで18年間、アルバイトを続けている女性が主人公。コンビニにはマニュアルがあり、そこから逸脱することは出来ないのだが、マニュアル通りの生き方も、またある。それを歯車に例えるななら、さしずめチヤプリンの映画か。取り分けて台詞がユーモラスであり、「火花」など比ではない。優れた書き手が現れたと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最強コンビニ店員

2016/09/02 05:32

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

コンビニが作られて私達の生活は一変した。
最初はこんなに影響があるとは思っていなかったが、今はコンビニが無ければ生活が成り立たない。

本作は周りの人と違ってどう生きていいのか分からなかった主人公が、コンビニの「店員」という役を与えられ生き生きと18年間過ごしていた。
しかし、コンビニのアルバイトで独身という社会の肩書きでは、いろいろ言い訳が面倒で生きづらい。
そこで安易に結婚の型を選んで丸く収まる事を期待したが・・・。
この辺りから物語は奇妙で面白く展開し、生きる力を失った主人公がコンビニで生き返る姿が最高潮に盛り上がる。

現代の生きづらい社会の中で、それぞれの「役」を学校や会社、家庭などから与えられ、その「役」を演じる事で社会の中で普通だと安心している人たちが多いのでしょう。
そんな社会をテンポ良く、おかしく描ききり、白羽さんという誰もが目を背けたくなるような毒をスパイスに効かせた作品は芥川賞にふさわしい出来です。

芥川賞受賞の作品でこんなに面白く読めた作品は初めて。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コンビニが冷蔵庫

2016/08/12 23:10

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Massagnan - この投稿者のレビュー一覧を見る

かつてコンビニが一階にあるマンションに住んでいた、私。当時は、自宅に冷蔵庫を置いていなかった。そう、コンビニを我が家の冷蔵庫とみなして生活していた。本書は、コンビニで働く店員の視点で、人間がその生活/人生をコンビニ・システムに組み込まれる状況を描いている。当時の私は、その逆で、コンビニの利用者として、コンビニ・システムに組み込まれていた。毎朝目覚めて、決まった時間に一階のコンビニに行き、朝食を買う。在宅時は、昼のランチも一階のコンビニ。外出後、夜の帰宅時に一階のコンビニに立ち寄る。眠れぬ深夜に、トイレに行くついでに、一階のコンビニ詣で。これだけ、一階のコンビニに行き詰めると、自然に、店員とも顔見知りになる。店員のシフト時間まで、おのずと把握してしまった私。けれど、世間話はしない。おきまりのフレーズを繰り返す、おきまりのやり取りだけ。これが逆に気持ちよかったりする。適度な距離感。全くの他人ではないが、知人でもない人間関係。コンビニは、そんな新しい人間関係を社会に追加してくれている。そんなことを、あらためて実感させてくれる本が、『コンビニ人間』ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

普通とは何か

2017/04/06 22:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウキウキさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

普通ではない人間が普通になりたくて、でも普通になれなくて。そんな主人公に自分が会ったら変な人だと思うかもしれない。でも、そんな判断をする権利も、ましてや介入する権利などないのだなと考えさせられる、気づきの詰まった一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

自分よりも「下」の人を探してしまう

2017/04/06 13:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トコトコくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当はいけない事だけど、心のどこかに眠っている気持ち。「あいつよりも俺の方が上だな」
自分が属する小さなコミュニティーの中で、無意識に作ってしまう人間の序列。ひきこもりよりバイトの方が上。バイトより正社員のほうが上。コンビニ店長よりも銀行員の方が上。30台独身会社員女性よりも30台既婚子持ち専業主婦の方が上。
世の中に蔓延している「なんとなくの空気感」。読んでいて、とっても疲れますが、読み応え抜群です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文学とはこうでなくては

2016/09/20 07:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第155回芥川賞受賞作。(2016年)
 選考委員の村上龍氏から「このような作品が誕生し、受賞したことを素直に喜びたい」と最上級の賛辞を得たこの作品は、近年の芥川賞受賞作の中でも上質であろう。
 何よりも読んでいて楽しい。それは読書という体験ではとても大切な心の振幅だと思う。エンターテイメントな作品だけでなく、純文学と呼ばれる作品でもあってもそれは欠かせない資質のようなものだと思う。
 山田詠美委員はこの作品を選評で、「候補作を読んで笑ったのは初めて。そして、その笑いは何とも味わい深いアイロニーを含む」と記しているが、これも小説の本質をついている。

 30いくつになってもコンビニのアルバイトしか就業の経験もなく、結婚もましてや恋愛さえも知らないこの物語の主人公恵子は、少し社会の基盤からずれた存在かもしれない。
 しかし、村上龍氏が書いているように、彼女は「実はどこにでもいる」のだろう。
 惠子のようになるのではなく、恵子のまま、その形態はさまざまであっても、社会と同化できない人やそのような性格は「どこにでもいる」。
 そして、恵子の場合と同じように、そんな人間を受け入れてくれる世界が必ずある。
 大きくいえば、今という現在そのもの全体がそうなのかもしれない。

 惠子の場合はコンビニという空間があるがゆえに「コンビニ人間」になりえたが、もっと大きな空間に抱き留められた人間はなんと呼べばいいのだろう。
 楽しい読書体験の、先にあるものは深い思索だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

さすが!ありがとうございます!

2016/09/02 06:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりにパンチの効いた物語を読ませてもらいました。芥川賞受賞おめでとうございます。普通の世界の怖さがとても良かったです。ファンになりました。主人公が作者の年齢と近い感じなのが余計な妄想をかきたてるのもとても良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

社会に弾き出されないように

2017/06/04 21:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はる - この投稿者のレビュー一覧を見る

問題作であり、評価に困った。
18年コンビニ店員として生きてきた女が『まとも』な人として振る舞おうとした。
中盤まで女は機械のような人間という印象だったが、終わってみれば、自分の望みが見えてなかった人間というだけだった。
自分の生き方なんて人には決められない、そんな簡単なメッセージを感じつつ、あらゆる『型』に閉じ込められた人間の性も映した作品である。
すぐに読めるので見て欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読みやすい

2017/05/26 22:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sui - この投稿者のレビュー一覧を見る

受賞作品というと堅苦しくて難解なものが多いが、こちらは読みやすく、わかりやすい。
まさに現代をコンパクトに表現している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

あなたは私ですか?

2017/05/14 15:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読書音痴 - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段ほとんど本を読まない自分が、コンビニ人間というタイトルにどうしても惹かれ、まさかの初電子書籍購入まで漕ぎ着けた。

読んでびっくり!結婚歴はあるもののバイトで務めた年数ほぼ一緒。ものの考え方もかなり似ていて「あなたは私ですか」状態で怖いくらいでした。
社員でもないのに自分の時間が多少不自由になっても、お店が機能することを優先してしまったり、
必要以上に踏み入られること事を嫌ったり、いちいち頷きながら一気に読んでしまいました。

タイトルはコンビニ人間ですが、誰もが〇〇人間というマニュアルの中で生きている事に心地良さを感じているのだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

傑作。久しぶりに一気読みでした。

2017/05/12 22:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと前の芥川賞受賞作は難解なものが続いていましたが、
火花・スクラップアンドビルドあたりから読める作品になってきて、
いい傾向だと思っていました。
異類婚姻譚も結構理解できましたし。

その流れの中でこの作品です。
あまりにも面白くて一気読みしてしまいました。
そして書評をまとめるために、あるキーワードを検索したのですが、
この作品との関連意見で認識が新たになり、重ねて衝撃を
受けました。
読書を通じて価値観が広がった気がして、二度おいしかったです。

古倉恵子。三十代半ば、コンビニアルバイト。
未婚どころか男性経験すらありません。

人の中で浮いてしまう理由は、どうやら自分自身にあると
自覚しており、自分の感覚で発言すると狂人扱い的に
周りがどん引きすることを知っています。
相手がどんな気持ちになるのか想像できず、暴力的な解決を
ためらわない考え方をします。
食事に興味はなく、栄養摂取するものと考えています。
そしてコンビニというがちがちのルーチンワークに居心地の良さを
感じています。

机上の知識で、それってアスペルガー症候群ではと思ったのですが、
そうやってレッテルを貼って理解したと安心することこそが、
この作品がずぶりと刺してくる部分なのですね。

黙っていると、相手は勝手に都合よく解釈してくれるから楽だと
古倉は言います。子どもの頃から家族に心配され、
カウンセリングも受けましたが効果なしです。
じゃあ軽いアスペルガーってことでと、またしても自分の中で
自分を安心させようという回路が働きます。

違う違う違う!!!

そうやって自分に言い聞かせながらでないと、この物語をまっすぐ
読めません。

人と人は違う、人は自分のものさしでしか相手を見ない、
そんなことを冷徹に描き切っています。
そこにこの作品のテーマがあります。

中盤から登場するゲス男は気持ち悪いですが、それでも
こちら側の人間です。ラストシーンは古倉が自分の居場所を
見つけた形であり、あちら側の人的な発想を見せられますが、
よかったねという気持ちになれます。
そんな価値観破壊小説です。

病気という安易な答えでは解説できない面白さがあります。
アスペルガーなどと安易に決めつけようとした自分を、考えが
足りなかったと反省しましたし、コミュ障も含めて自分に
理解できないことに対する接し方を考えさせられる作品でした。
面白いですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

分かるような分からないような

2017/05/02 23:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たぬやまも - この投稿者のレビュー一覧を見る

共感できるようなところがあるような、でもやっぱりないような、ないって言い聞かせたいのかな、なんて思いながら、読了。

自分を作っているのはどんなコミュニティ、どんな環境のなんなんだろうと考えてしまいました。

楽しみながら、読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

コンビニ人間拝読

2017/01/30 20:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

言葉が転がるような文章力で、ストーリーも現代的で最後まで面白かった。
わが街の近くから芥川賞作家が出ることも素晴らしいことで、次の作品が楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

周りと違ってもいいんじゃない

2017/01/21 13:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コスモス - この投稿者のレビュー一覧を見る

村田沙耶香さんが芥川賞を受賞した本作品。
この作品の主人公のように、周りの人間と違う、彼らに合わせられないといった人は
現代社会に多くいると思います(自分もそんな人間です)。
正直言うと、この作品の主人公に純粋に共感できるわけではありませんが、
主人公が感じるように、他人に価値観を押し付けられることについては自分も嫌悪感を覚えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する