サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 佐藤 洋一郎の紙の本一覧

“佐藤 洋一郎”の紙の本一覧

1952年和歌山県生まれ。京都府立大学特別専任教授。農学博士。松下幸之助花と緑の博覧会記念奨励賞、NHK静岡放送局「あけぼの賞」、濱田青陵賞受賞。

“佐藤 洋一郎”に関連する紙の本を47件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

食の人類史 ユーラシアの狩猟・採集、農耕、遊牧 (中公新書)

  • 評価4.1レビュー:7件
  • 税込価格:1,012
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2016/03/25
  • 発送可能日:1~3日
  • ヒトはどうやって食べ物を獲得してきたのか。東洋の「コメと魚」、西洋の「パンとミルク」…。ユーラシア全土で繰り広げられてきた、さまざまな「生業」の変遷と集団間の駆け引きを巨細に解読する。【「TRC MARC」の商品解説】

    ヒトは食糧をどうやって獲得してきたか。東洋の「コメと魚」、西洋の「パンとミルク」に代表される、糖質とタンパク質のセットを探る【本の内容】

和食文化学入門

  • 税込価格:3,080
  • 出版社:臨川書店
  • 発売日:2021/04/08
  • 発送可能日:1~3日
  • 「作る」「食べる」「通わせる」の3つのテーマ別に、文系・理系の枠を取り払い、さらには学術・実践の壁を越えて、「和食」という営みの総体を捉える「和食文化学」の試み。これから和食文化を学ぶ人に最適な書。【「TRC MARC」の商品解説】

    ~多彩な研究分野と食の現場から学ぶ~
    作る・食べる・通わせる――3つのテーマ別に、文系・理系の枠を取り払い、さらには学術・実践の壁を越えて...

たねそだててみよう (みつけようかがく)

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,430
  • 出版社:福音館書店
  • 発売日:2009/01/08
  • 発送可能日:1~3日
  • たねはふしぎなものです。たねがどのように芽を出して成長してゆくのかを取りあげ、自然の仕組みのおもしろさと生命のすばらしさを描きだしています。子どもと一緒にたねを育ててみよう。【「BOOK」データベースの商品解説】

    種は不思議なものです。あんな小さな体のどこに、葉や茎や根や花をつける力があるのでしょう? 種がどのように成長してゆくのかということを通して、自然の面白さと、生命のすばらしさ...

米の日本史 稲作伝来、軍事物資から和食文化まで (中公新書)(中公新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

米の日本史 稲作伝来、軍事物資から和食文化まで (中公新書)

  • 評価4.2レビュー:9件
  • 税込価格:1,078
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2020/02/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 日本人にとって特別な食・米。主食、貨幣、酒、菓子など日本人と米のかかわりは深く、「米を腹いっぱい食べたい」という思いが歴史を動かしてきた。農学や文化の視点を交えながら、日本人と米の特殊な関係を解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

    日本人にとって特別な食・コメ。そもそも稲はどこから日本列島にやってきたのか、最初の水田は誰がつくったのか、東北地方で栽培が遅れたのはなぜか...

食を考える

  • 評価4.0レビュー:6件
  • 税込価格:1,320
  • 出版社:福音館書店
  • 発売日:2012/09/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 莫大な水や石油を使って作られ、運ばれ、消費される現代人の「食」。植物遺伝学を専門とし、農業に関する問題を研究してきた著者が、食の環境負荷や今どきの食、生物多様性と食の関係などについて綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

    湯船1杯分もの水を使って作られる天ぷらうどん。大量の石油を使い何千キロもの距離を運ばれるマグロ。工場の中で日光を浴びずにLED(発光ダイオード)で育てられ...

海の食料資源の科学 持続可能な発展にむけて (生命科学と現代社会)

  • 税込価格:3,740
  • 出版社:勉誠出版
  • 発売日:2019/10/18
  • 発送可能日:1~3日
  • マグロ、クジラ、サンマ…。我々はどれだけ魚について知っているのだろうか。不確実で変動する水産資源を持続的に利用するために、経済、地域等の様々な価値の中での科学のあり方を、日本発の「つくる漁業」の実例と共に考察。【「TRC MARC」の商品解説】

    最近、海の資源をめぐって世界が騒がしい。
    昨年、2018年は数年ぶりにサンマが豊漁であった。しかし、一転して2019年は記録的...

縮小する日本社会 危機後の新しい豊かさを求めて (生命科学と現代社会)

  • 税込価格:3,740
  • 出版社:勉誠出版
  • 発売日:2019/10/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 産業や消費は縮小し始めている日本。社会の転換を様々な地域と方法論から分析し、食の生産のゆくえを探る。また農産物のブランド化や伝統産品の輸出戦略などのあり方を考え、縮みゆく社会の中で豊かさを享受できる方法を提案。【「TRC MARC」の商品解説】

    人口減少とそれに伴う日本社会の産業や消費の縮小は、地域社会や都市圏に広がっており、日本の国内では生産の現場と担い手が大きく変容してい...

日本のイネ品種考 木簡からDNAまで

  • 税込価格:4,950
  • 出版社:臨川書店
  • 発売日:2019/05/03
  • 発送可能日:1~3日
  • イネの品種の栄枯盛衰はどのように繰り返されてきたのか。それは私たちの文化・社会にいかなる影響を及ぼしたのか。考古学、自然科学、料理人それぞれの視点から、イネと米の来し方、行く末を展望する。【「TRC MARC」の商品解説】

    イネの化石分析から、「ブランド米」の出現まで。イネの品種の栄枯盛衰はどのように繰り返されてきたのか。そのことは私たちの文化・社会にいかなる影響を及ぼしたの...

農と食の新しい倫理

  • 税込価格:3,300
  • 出版社:昭和堂
  • 発売日:2018/05/07
  • 発送可能日:1~3日
  • あなたは何を食べているのか。その食べ物は、どこから来たのか。複雑さを増す現代社会で、消費者・生産者一人ひとりが対峙すべき「食」と、その根本にある「農」の問題を、多様な専門分野の執筆陣が倫理の視点で見つめなおす。【「TRC MARC」の商品解説】

稲と米の民族誌 アジアの稲作景観を歩く (NHKブックス)

  • 評価3.5レビュー:1件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:NHK出版
  • 発売日:2016/11/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 稲の品種から栽培方法、米の調理法、食べ方、信仰まで、アジアの稲作文化には日本人の想像を超えた多様性が存在する。インド・ヒマラヤから、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア、中国まで、アジアの稲作文化の全容を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

    私たちの知らない、奥深いコメの世界へ──

    品種、栽培法、調理法など、世界には日本人の想像を超えた稲作・米食の多様な世界が...

稲と日本人

  • 評価3.9レビュー:7件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:福音館書店
  • 発売日:2015/09/04
  • 発送可能日:24時間
  • 稲とわたしたち日本人は、生死をともにして生き抜いてきた、かけがえのない仲間同士という間柄なのです−。二千数百年の昔から培われてきた稲とその文化、稲作にまつわる日本の景色や日本人のこころを伝える絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

    日本に稲作が伝わったのは、はるか二千数百年前です。 以来、日本人は、森を切り開き、山をけずり、疎水を作って水を引きこみ、海岸を埋めたて……力の限...

農業問題の基層とはなにか いのちと文化としての農業 (シリーズ・いま日本の「農」を問う)

  • 評価3.5
  • 税込価格:2,750
  • 出版社:ミネルヴァ書房
  • 発売日:2014/12/10
  • 発送可能日:1~3日
  • いま、日本の農業を取り巻く問題とは? 研究者、実務家、ジャーナリストという多彩な執筆陣がユニークな視座に立ち、理論と実践の両面から解説するとともに、世界の多様な事例に照らし、農業の過去・現在・未来を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

食の多様性

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:勉誠出版
  • 取扱開始日:2014/02/26
  • 発送可能日:1~3日
  • いま、安さの追求と大量生産の結果、食の多様性が危機にひんしている。食材はもとより、調理法、生産地、季節感など、その多彩な世界は護られなければならない。植物遺伝学の大家が、毎日の食卓の大切さ、面白さを語る。【「TRC MARC」の商品解説】

アジアの人びとの自然観をたどる

  • 税込価格:4,180
  • 出版社:勉誠出版
  • 取扱開始日:2013/11/28
  • 発送可能日:7~21日
  • 人間文化研究機構の連携研究として、アジアにおける人間と環境とのかかわりとその歴史を多元的な研究から明らかにすることを大きな目的として実施した研究成果の一端。8本の論考と、2つの座談会の記録を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

イネの歴史を探る (フィールド科学の入口)

  • 税込価格:2,640
  • 出版社:玉川大学出版部
  • 取扱開始日:2013/10/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 野生イネから栽培イネへと変容を遂げてゆくプロセスのなかの、どこに起源を認めるか。イネの起源や歴史をめぐる、第一線の研究者たちのそれぞれのフィールドからの報告を収録する。編者2人の対談も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

イエローベルトの環境史 サヘルからシルクロードへ

  • 税込価格:5,280
  • 出版社:弘文堂
  • 取扱開始日:2013/04/03
  • 発送可能日:7~21日
  • 出アフリカ、文明の興亡、農耕と遊牧…。「イエローベルト」と呼ばれる、ユーラシアの中央部から北アフリカにかけて広がる乾燥・半乾燥地帯における人と環境のかかわりの歴史について論考する。【「TRC MARC」の商品解説】

知ろう食べよう世界の米 (岩波ジュニア新書)

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:902
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2012/07/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 日本の食文化の中心である米は、世界の5大陸のすべてで栽培され、食べられている穀物。いろいろな種類の米と米料理が、世界に展開するさまざまな風土とどうかかわってきたかを、気候区分ごとに説明する。【「TRC MARC」の商品解説】

食と農の未来 ユーラシア一万年の旅 (地球研叢書)

  • 評価3.0
  • 税込価格:2,530
  • 出版社:昭和堂
  • 取扱開始日:2012/04/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 100年後、500年後の人類は何をどんなふうに食べているだろう? 地球研プロジェクト「農業が環境を破壊するとき」の研究成果をまとめ、将来の農業のあり方、食べ方について考える。【「TRC MARC」の商品解説】

麦の自然史 人と自然が育んだムギ農耕

  • 税込価格:3,300
  • 出版社:北海道大学出版会
  • 発行年月:2010.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 地球環境問題が深刻化する今、麦というものをどう考え、生産し続ければよいか。人が麦を栽培し始めてから現在までの人と麦の関係を多様な視点から考える。【「TRC MARC」の商品解説】

ユーラシア農耕史 5 農耕の変遷と環境問題 (地球研ライブラリー)

  • 税込価格:3,080
  • 出版社:臨川書店
  • 発行年月:2010.1
  • 発送可能日:1~3日
  • 様々な研究分野の第一人者が、ユーラシアの農耕・人びと・環境のこれまでとこれからを解き明かす。5は、東西ユーラシアの農耕の知恵を紹介しながら、現代農業のあり方に警鐘を鳴らし、持続可能な農耕の姿を提唱する。【「TRC MARC」の商品解説】

ユーラシア農耕史 4 さまざまな栽培植物と農耕文化 (地球研ライブラリー)

  • 税込価格:3,300
  • 出版社:臨川書店
  • 発行年月:2009.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 様々な研究分野の第一人者が、ユーラシアの農耕・人びと・環境のこれまでとこれからを解き明かす。4は、中尾佐助・佐々木高明らの照葉樹林文化論の再考を交え、様々な栽培作物の起源と文化に焦点をあて、その歴史をたどる。【「TRC MARC」の商品解説】

ユーラシア農耕史 3 砂漠・牧場の農耕と風土 (地球研ライブラリー)

  • 税込価格:3,080
  • 出版社:臨川書店
  • 発行年月:2009.6
  • 発送可能日:1~3日
  • 様々な研究分野の第一人者が、ユーラシアの農耕・人びと・環境のこれまでとこれからを解き明かす。3は、シルクロードの小河墓遺跡など最新の研究成果を紹介しながら、ムギを中心としたユーラシア地域の農耕の歴史に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

ユーラシア農耕史 2 日本人と米

  • 税込価格:3,080
  • 出版社:臨川書店
  • 発行年月:2009.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 様々な研究分野の第一人者が、ユーラシアの農耕・人びと・環境のこれまでとこれからを解き明かす。2は、日本人における米の位置付けについて、民俗学、文化史、農学など様々な角度から検証する。【「TRC MARC」の商品解説】

ユーラシア農耕史 1 モンスーン農耕圏の人びとと植物

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:臨川書店
  • 発行年月:2008.12
  • 発送可能日:1~3日
  • 様々な研究分野の第一人者が、ユーラシアの農耕・人びと・環境のこれまでとこれからを解き明かす。1は、「稲作と稲作文化の始まり」「自然科学からみたイネの起源」などの論稿のほか、対談「ユーラシアの風土と農業」を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

イネの歴史 (学術選書)

  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:京都大学学術出版会
  • 発行年月:2008.10
  • 発送可能日:1~3日
  • われわれの生活に欠かせないコメ。その栽培はいつどこではじまり、どのように広まったのか? 品種改良はいかにして進んだのか? 日本から中国、インドまで各地を調査し、過去のイネの特徴を調べる。【「TRC MARC」の商品解説】

米と魚 (食の文化フォーラム)

  • 税込価格:3,080
  • 出版社:ドメス出版
  • 発行年月:2008.9
  • 発送可能日:1~3日
  • 2007年度の味の素食の文化フォーラムの記録。日本をはじめ東南アジアの食生活のなかで古くから培われてきた「米と魚」の組み合わせに焦点をあわせ、その特徴、歴史などをさまざまな角度から論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

農耕起源の人類史 (地球研ライブラリー)

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:5,720
  • 出版社:京都大学学術出版会
  • 発行年月:2008.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 農耕は地球上のどこではじまり、いかにして世界中へひろまったのか? 言語学、考古学を中心として、農耕をともなった集団の移動や進化を全世界規模で、かつ学際的な視点から論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

よみがえる緑のシルクロード 環境史学のすすめ (岩波ジュニア新書)

  • 税込価格:858
  • 出版社:岩波書店
  • 発行年月:2006.5
  • 発送可能日:1~3日
  • 楼蘭に近い砂漠から、約4千年眠りつづけたミイラが発掘された。枕元の草かごに入っていた小麦の種子を分析すると、驚くべきことが…。ヘディンらの踏査や木の墓標、副葬品を手がかりに、ユーラシアの環境変遷を推理する。【「TRC MARC」の商品解説】

クスノキと日本人 知られざる古代巨樹信仰

  • 税込価格:2,860
  • 出版社:八坂書房
  • 発行年月:2004.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 人々に崇められた巨樹の周囲に、祠や神社がつくられて信仰の対象となる…。そんな「巨樹信仰」の中心となったクスノキ。そのクスノキと日本人の関係を縄文にまでさかのぼり、DNA鑑定等を駆使して詳述。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 47 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。