サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 121件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2021/05/12
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春e-book
  • ISBN:978-4-16-391365-0
一般書

電子書籍

星落ちて、なお

著者 澤田 瞳子

鬼才・河鍋暁斎を父に持った娘・暁翠の数奇な人生とは――。父の影に翻弄され、激動の時代を生き抜いた女絵師の一代記。不世出の絵師、河鍋暁斎が死んだ。残された娘のとよ(暁翠)に...

もっと見る

星落ちて、なお

税込 1,800 16pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.4MB
Android EPUB 3.4MB
Win EPUB 3.4MB
Mac EPUB 3.4MB

星落ちて、なお

税込 1,925 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

鬼才・河鍋暁斎を父に持った娘・暁翠の数奇な人生とは――。
父の影に翻弄され、激動の時代を生き抜いた女絵師の一代記。

不世出の絵師、河鍋暁斎が死んだ。残された娘のとよ(暁翠)に対し、腹違いの兄・周三郎は事あるごとに難癖をつけてくる。早くから養子に出されたことを逆恨みしているのかもしれない。
暁斎の死によって、これまで河鍋家の中で辛うじて保たれていた均衡が崩れた。兄はもとより、弟の記六は根無し草のような生活にどっぷりつかり頼りなく、妹のきくは病弱で長くは生きられそうもない。
河鍋一門の行末はとよの双肩にかかっっているのだった――。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー121件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

何故と問われても。

2021/12/20 15:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵師河鍋暁斎の娘とよは、河鍋暁翠の名で絵を描いている。異母兄周三郎も河鍋暁雲を名乗り、絵を描いている。幼い頃から父の許で絵を画いてきたとよは絵しかない。
江戸時代が終わり、明治、大正と時は流れ、河鍋暁斎は古い絵とされていくが、とよは画業を続けた。結婚し、娘が授かっても絵筆を持ち続けた。
父を越えられないともがきつつ、絵を捨てられない。
何故と問われても、それが苦しみであり、最上の喜びを生み出すから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暁斎の娘 とよ 暁翠

2021/09/17 09:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BHUTAN - この投稿者のレビュー一覧を見る

暁斎好きの私にとっては、待ち焦がれた小説。
澤田ふじ子さんを母に持つ瞳子さんも、同じ稼業を持つ娘として、とよと同じような心持ちがあったのかな?
現在江戸東京博物館で開催してある「大江戸の華」で展示されている鹿島屋東店の品々が分家のものとすると、本家がどんなに財力を持っていたのやら…
直木賞授賞をきっかけに、暁斎がさらに取り上げられることを期待します。
楠美先生悲願のトーハクでの暁斎てんが開催されますように。
暁雲・暁翠も一緒に是非

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい小説でした

2021/08/26 21:00

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく、スムーズに読み進められました。
登場人物たちのことは、全然知らなかったので、
どこまで事実で、どこまで創作なのかもわかりませんが、
まるで、すべての人物が、目の前で行動しているかのような、
よいドラマや映画や演劇を見ているかのような、錯覚をおぼえました。
特に、関東大震災の描写は、すばらしかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本画の変貌と衰退を追う

2021/07/14 12:17

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

画鬼と呼ばれた河鍋暁斎を父として、生き抜いた娘・暁翠の物語。主人公は、その父の死後、父親の生きた痕跡に振り回され続け、自分が何者であるかを問い続けたのだと思う。明治維新後の日本画の変遷の歴史を追いながら、日本人の心の持ちようの変化を描くようだ。知らない歴史の一面を、心に刻み込むことができた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み応えのある一冊でした。

2021/12/21 20:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るい - この投稿者のレビュー一覧を見る

葛飾北斎にとっての応為のように、とよを育てたかったのでは!
と言う兄周三郎の言葉。
とよは、芸術家でありながら、現実的な生活者としての視点を持った女性だと思いました。

この世の不平等は、とよとしてよく分かっている。
だが、逐一それに腹を立てていては、この浮世は渡っていけない。

優しいとは、それだけとよをちゃんと見ていない事実の裏返しだ。

この文章が、特に、響きました。

作品には、その人本人が出る!

澤田瞳子さんの作品を初めて読み、文章力の確かさと書く前の事実確認等の素晴らしさを感じました。

書き始めの確かさと最後の末尾の危うさも印象に残りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

遅れ馳せながら昨年(2021年)の直木賞受賞作を

2022/07/25 12:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:higassi - この投稿者のレビュー一覧を見る

遅れ馳せながら昨年の直木賞受賞作を手に取りました。河鍋暁翠の眼を通して描かれる、父・河鍋暁斎や当時の画壇にリアリティ・迫力を感じました。鹿島清兵衛の助演男優賞とも言えるポジションも絶妙です。登場人物のほとんどが実在の人物なので興味が拡がりますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

明治大正期の女絵師

2021/08/14 16:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

鬼才の絵師を父兄にもつ女性絵師の絵に打ち込む情熱と、家族への葛藤を描いた物語。
絵師として認められながらも、父兄を超えられない苦悩と画壇の風潮や流行に翻弄され、しかし自分のスタイルを貫くしなやかな強さを持ち生き抜いた姿があります。
父兄のかつての姿に疑問を持っていますが、歳を経るうちにその心境に至ります。
一貫して暁翠(とよ)目線で書かれているのでシンプルで分かりやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切れ味鋭く家族の相克と葛藤を描く

2021/08/11 08:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

直木賞受賞作。
・河鍋暁斎の子供、弟子たちの物語。
・父から受け継いだのは血か墨か。
・「この刹那の憎しみなぞ、長い人の営みの中で見ればこの上なく虚しかろうに、それでも人は己の思いのままにしか生きられぬのだ」。といった言葉が鋭く突き刺さる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

偉大な絵師河鍋暁斎の娘の一代記

2021/06/18 09:07

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

浮世絵師として偉大な河鍋暁斎を父に持つ娘とよの一生の物語。
暁斎の絵はあらゆるものに生を吹き込む浮世絵。
兄は父を越えようとひたすら絵を描きながら亡くなる。
残されたとよは絵を描き続ける。
しかし、そんな二人にけっして追いつけない、自分の存在に悩むとよ。
女として母親としても生きるが、父の偉大な絵師の力に翻弄されるように、夫と別れ、娘には絵を描かせない。
明治、大正と西洋化する世の中は暁斎の絵は時代遅れとみなす。そんな時代の流れに贖いながら、もとよは狩野派の絵を描き続ける。
暁斎の語り部として世に残す役割を全うするが、とよは自分の一生に喜びを感じて生きていたのだろうか。
作者は何故とよを主人公として書こうと思ったのか。
沢田瞳子さんの真意を聞いてみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

河鍋暁斎の娘、暁翠にとって画という存在

2021/09/27 06:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

明治初期の奇才、河鍋暁斎の娘、とよ(暁翠)が主人公。
偉大な父の画才への葛藤を軸に、
とよと常吉、兄周三郎とお絹ら芸に関わる夫婦四組を
からめた筋立てになっています。
マイナーな画家が多くてとっつきにくいが、
背景には、狩野派をはじめとした旧来の画の没落と、
女性を家に閉じ込めていく明治以降の女性像という
二つの大きな流れを据えているのが、いい支えになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/08/09 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/07/30 12:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/01 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/06/29 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/12 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。