サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 184件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2013/12/25
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/351p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-124060-2
文庫

紙の本

華胥の幽夢 (新潮文庫 十二国記)

著者 小野 不由美 (著)

王は夢を叶えてくれるはず。だが。才国の宝重である華胥華朶を枕辺に眠れば、理想の国を夢に見せてくれるという。しかし采麟は病に伏した。麒麟が斃れることは国の終焉を意味するが、...

もっと見る

華胥の幽夢 (新潮文庫 十二国記)

税込 693 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

新潮文庫 十二国記 セット

  • 税込価格:7,97572pt
  • 発送可能日:24時間

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

王は夢を叶えてくれるはず。だが。才国の宝重である華胥華朶を枕辺に眠れば、理想の国を夢に見せてくれるという。しかし采麟は病に伏した。麒麟が斃れることは国の終焉を意味するが、才国の命運は―「華胥」。雪深い戴国の王・驍宗が、泰麒を旅立たせ、見せた世界は―「冬栄」。そして、景王陽子が楽俊への手紙に認めた希いとは―「書簡」ほか、王の理想を描く全5編。「十二国記」完全版・Episode 7。【「BOOK」データベースの商品解説】

才国の宝重である華胥華朶を枕辺に眠れば、理想の国を夢に見せてくれるという。しかし采麟は病に伏した。麒麟が斃れることは国の終焉を意味するが、才国の命運は−。「華胥」をはじめ、王の理想を描いた全5編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

冬栄 9−71
乗月 73−136
書簡 137−183

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー184件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

物語を深めるスピンオフ

2019/11/15 18:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

メインキャストのスピンオフなので、
前作の短編集より取っつきやすいです。
比較的ライトな感のある話の中で、
表題作である「華胥」はズシンときます。
立場は違えど、
すべての人の指針となる言葉に、
思わず姿勢を正してしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

表題作の悲しさ

2017/03/18 18:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

表題作が一番印象に残っています。人望もあるし やる気もある。なのに決定的なものがなかったゆえに起きた悲劇。怖いのはその悲劇をわざと加速させた人がいた事。しかも身近な人物だという…。やりきれない思いになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しめました

2021/07/27 17:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:creammochi - この投稿者のレビュー一覧を見る

祥瓊の話がよかったです 華胥は重かった。。
十二国の世界がだんだんわかってきた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短編集

2021/05/31 11:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うえありひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

十二国記の短編集です。
泰麒や陽子、楽俊にまた会うことが出来ます。十二国記は重苦しい物語が多いですが、本作はほっこりするお話が収録されており新鮮でした。

うれしい、楽しい、悲しいといったシンプルで分かりやすい感情とは違って、複雑で言い表すことの難しい心模様が綴られる十二国記シリーズ。

読みながら毎回感じるのは、
自分の心のずっと深いところにある感情と向き合う作業をしているということ。
物語という安全装置の中で触れる、心の繊細な部分に触れているような気持ちになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

十二国記短編集その2

2020/02/13 23:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うれい - この投稿者のレビュー一覧を見る

なぜ華胥の夢ではなく華胥の幽夢なのか━━━━━そう思いながら読み進めたがなるほど確かに儚い。誰が悪い、と断ずることはできない。国のために民のために抱いた理想も間違ってはいない。そう、間違っては……。理想だけで突き進めないのが為政者というものだ。理想と現実との間で苦悩する為政者を周りの者は好き勝手責めるが、否定するだけでは何も生まないのと同じ。それは遠い世界のファンタジーではなく私たちの生きる「蓬莱」にも言えること。十二国記はファンタジーだが、扱うテーマは普遍的なものだと私は感じている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

各々の国の短編

2019/11/01 03:54

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

各々の王や麒麟のスピンオフ編
それぞれの国を丁寧に書かれてきた今までの小休止であり、付け加えであり、より深みを増す為の副編

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良いです

2015/09/28 10:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

小野不由美さんのこのシリーズは、生きていくのに大事な事などを考えさせられる、奥の深い作品で気に入っています。表紙のイラストもとても繊細で綺麗です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

次の巻はまだか?

2015/09/12 17:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろひろひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

他社から刊行されたときからずーっと読んでいますが、新潮社版は装丁が変わり、つい買ってしまいました。宗の話がどうも途中で話が終わってしまうので、いつも食い足りない気分になります。
早く最新刊を出してほしいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

前に向かうストーリー

2020/06/27 15:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまで読んでくるとより味わいのある4つの短編。うち2つはこれまで出てきた国のその後が書かれていて、それぞれの人がそれぞれの立場で迷い苦悩している様子がありつつも、最後には前に向かって進んでいくというところが良かったです。また、タイトル作品では、非難することは何かをなすことではないという意味の『責難は成事にあらず』という言葉が印象的な作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天意とは?

2019/10/27 23:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

十二国の世界の広がりをさらに目の当たりにする一冊。

「既刊長編の後日譚やその補足の意味合いを強くもっている」(新潮文庫版解説より引用)短編集。

各長編の読後に当作品を読み、気になっていた人物の後日譚に涙したり、天意が王を定めるという十二国のルールの不気味さをより強く感じた。
ホントに何なのこのルール・・・!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新潮文庫

2016/05/20 23:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

新潮文庫で出たんですね。
間違って買っちゃった…。ホワイトハートのほうの同じ本持ってました。
ま、表紙かわいいしいっかー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/07/13 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/03 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/20 16:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/13 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。