サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2021/3/1~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 284件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/02/21
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/374p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-108442-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

AX (角川文庫)

著者 伊坂幸太郎 (著)

【静岡書店大賞小説部門(第6回)】「兜」は一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない恐妻家。引退を考えながらも爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受け…。全...

もっと見る

AX (角川文庫)

税込 748 6pt

AX アックス

税込 748 6pt

AX アックス

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.7MB
Android EPUB 5.7MB
Win EPUB 5.7MB
Mac EPUB 5.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【静岡書店大賞小説部門(第6回)】「兜」は一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない恐妻家。引退を考えながらも爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受け…。全5篇を収めた連作集。【「TRC MARC」の商品解説】

【伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる待望作!】

\鳴りやまぬ驚愕と感涙の声!/
★2018年 本屋大賞 ノミネート作!
★第6回静岡書店大賞(小説部門) 大賞受賞作!
★フタバベストセレクション2017(フタバ図書) 第1位!

最強の殺し屋は――恐妻家。

物騒な奴がまた現れた!
物語の新たな可能性を切り開く、エンタテインメント小説の最高峰!

「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。
一人息子の克巳もあきれるほどだ。
兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。
引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。
こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。【商品解説】

収録作品一覧

AX 5−62
BEE 63−114
Crayon 115−158

著者紹介

伊坂幸太郎

略歴
1971年千葉県生まれ。2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞、「死神の精度」で日本推理作家協会賞短編部門、08年『ゴールデンスランバー』で山本周五郎賞と本屋大賞を、2014年『マリアビートル』が2014大学読書人大賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー284件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

愛妻家の殺し屋

2020/06/16 08:44

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

『グラスホッパー』『マリアビートル』に続く、殺し屋シリーズ。
このシリーズは伊坂作品の中でもお気に入り!
今回は、殺し屋「兜」の日常も描く連作短編集となっている。

何故か妻を異常に恐れる「兜」。でも、それ以上に愛していることもちゃんと伝わってくる。
そして、唯一の?味方の息子。
家族を守るために、殺し屋稼業から足を洗おうとするが・・・。

途中の展開には驚いたが、ラストのオチはちょっと見えてしまったかな(だからといってガッカリはしなかった)。
章を区切る伊坂印のハンコが、「兜」だけ傾いたり、掠れたりするという粋な演出も。

エンディングのエピソードが、「兜」の妻に対する想いをすべて表していて、涙を誘った。
やはり、「兜」は恐妻家ではなく、愛妻家なのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伊坂幸太郎氏によるエンタメ小説の新たな可能性を見出した傑作です!

2021/01/07 10:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、『オーデュボンの祈り』(新潮ミステリー倶楽部賞)、『アヒルと鴨のコインロッカー』(吉川英治文学新人賞)、『死神の精度』(日本推理作家協会賞)、『ゴールデンスランバー』(山本周五郎賞)、『マリアビートル』(大学読書人大賞)といった話題作を次々に発表されている伊坂幸太郎氏の作品です。同書は、「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない主人公を描いた物語です。ある日、兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめます。というのも、息子の克巳が生まれたからです。引退に必要な金を稼ぐために仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受けます。こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知りません。物語の新たな可能性を切り拓いたエンタテインメント小説の最高峰です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マリアビートルでどうなったのか忘れてしまったけれど、

2020/12/26 17:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:びずん - この投稿者のレビュー一覧を見る

お馴染みの殺し屋たちが出てきた時点でもうテンションがすごい上がってしまい、一気読みです。自分が殺されることより家族が殺されてしまう恐怖っていうのは、わかる気がする。その話が極端なのが殺し屋の場合なのだ。BEEと格闘する姿なんて、とても人間らしいじゃない。伊坂さん(兜)の意義あり!が聞けてなんか嬉しい。笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

満足感

2020/11/08 19:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rin - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂幸太郎さんが描くどこか身近にいそうな、テンションの波が激しくないだけどユーモアのある登場人物が読んでいて「これこれ」とニヤついてしまいます。
そして伊坂幸太郎さんの作品はクライマックスに必要な事柄をポツポツと何気なく置いていって最後に回収していくような印象ですが、AXでも見事に掻っ攫ってくれました。
期待以上の満足感でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幸せのかたち

2020/07/11 00:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mihalton - この投稿者のレビュー一覧を見る

最強の殺し屋。
一番怖いのは妻。
でも何も知らない妻。
恐妻家でもそこに愛は確かにあったらしい。
家族を守るために下した決断は
とても苦しいものだったけれど
最後は思わずガッツポーズをしてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

殺し屋シリーズ3弾

2020/06/27 21:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JUN - この投稿者のレビュー一覧を見る

虫の名前から斧?
それでシリーズ3弾?と違和感があったが
確かに殺し屋の話だった

蟷螂の斧…なるほど。
確かに長い月日を経た斧の攻撃だ。

今回は連作短編ということで
伊坂先生らしい伏線回収が楽しめます。
未収録のDrive、機会があれば一読したい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんなに感情のある殺し屋なら

2020/06/12 23:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂さんの作品はありそうでないものって一見思いますが、じつはいたりして。。。そんな風に思えてしまう娯楽小説だと思うけど解説を読むと実は考えさせられる作品かもしれない。グラスホッパーやマリアビートルも読まなくっちゃ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泣ける

2020/04/30 21:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うれい - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂幸太郎殺し屋シリーズ第3弾!今まで出てきた殺し屋の中で、兜が一番好きだ。(2番目は蜜柑と檸檬、3番目は蝉)ひとり息子を持つ恐妻家という表面と最強の殺し屋という裏面が違和感なく存在している。兜が一番恐れているのは任務の失敗でも死でもなく、妻!ずっと兜のひとり語りだし、まさか死なないよね?という期待を見事に裏切り……。そうだよ、伊坂幸太郎はこういうことするんだよ!とひとりで唸ってしまった。その後の展開に「なるほど帯にあった『感涙』とはこのことか」と納得。息子は父の背を見て育つ…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

恐妻家の殺し屋

2020/11/15 03:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名希望 - この投稿者のレビュー一覧を見る

家庭と妻を愛してやまない殺し屋のお話です
いろいろなところに伏線があるので
読み終えるまで油断できないです
結末も結構好きな感じでした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

辞めたい殺し屋

2020/10/22 14:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

裏稼業から引退するために、汚れ仕事をこなす三宅の不条理さに感情移入できます。親子2代で一矢報いるラストも痛快でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あれえ

2020/10/19 12:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hid - この投稿者のレビュー一覧を見る

そういう展開というか、そういう終わらせ方にしたのかと、びっくり。
なんか、書くのが嫌になっちゃったのかな?
でも、物語としては一気読みでした。
Beeは、ほかで読んだことあるな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気楽に読める

2020/07/19 13:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らいぶらり - この投稿者のレビュー一覧を見る

本の帯には、本屋大賞ノミネートとあるが、そこまでではないと思う。
 特に文学性はなく、単純に楽しむのが正解。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カタルシスの一歩手前で

2020/06/20 21:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マック - この投稿者のレビュー一覧を見る

コロナ感染症禍の中、伊坂幸太郎ならではの圧倒的なカタルシスを期待して本書を手に取ったのですが、主人公が死んでしまって、ちょっと残念でした。いつものように、「あーよかった!」というエンドだともう少しうれしかったかな。素材はよかったのだが、急いで調理しすぎたような感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱり伊坂幸太郎さんの作品が好きだ!

2020/06/19 12:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱり伊坂幸太郎さんの作品が好きだと改めて思った。

主人公の裏の仕事が殺し屋で迫真の殺人の場面も描かれているのに

それでも主人公に思い入れしてしまうし愛着や好意すら感じてしまう。

普段の私は小説でも映画でも殺人の場面では常に殺されてしまう側に

自分や自分の大切な人たちを重ねてしまい辛く苦しい気持ちになるのに。



人はいつか必ず死ぬ

そのことは物心つく年齢以降の人ならみんな知っている

そのことを知った上で生きていくことの意味や意義を

ことさら無視して不安を遠ざけるがごとく生きるのか?

そのことを真摯に受け止めながらその上でどう生きるのか?



なんていうようなことを阿呆な私にでも考えさせてくれる。

それも時折クスッと笑うような楽しくもある物語にして。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

安定して面白いシリーズ

2020/05/09 14:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:T-sk - この投稿者のレビュー一覧を見る

殺し屋もの。殺伐としたシーンが淡々と描かれているのが好き。
その一方でにやりとしたくなるユーモアがあったり、
家族のつながりや温かさも描かれている。
終盤はどうまとめるのかどきどきした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。