サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

警部補 姫川玲子 みんなのレビュー

  • 誉田哲也 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー50件

みんなの評価4.1

評価内訳

50 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本感染遊戯

2012/01/26 19:24

誉田 哲也、短編でも腕の冴えを見せてくれました。でもなにより嬉しかったのは、あの関西弁を使うセクハラおやじが登場しなかったこと。大阪の人には申し訳ありませんが、関西弁のミステリ、特に刑事ものってなんだか変なんです。それがないだけでお話がこんなにスッキリするなんて、偏見ですよね、絶対・・・

8人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

雰囲気のあるカバー写真で、ちょっと映画風だなとは思いますがいいのではないでしょうか。帯を意識してカバー下半分をほとんど色だけにしていますが、裸にしてみてもさほど違和感がありません。文字の入れ方さえ工夫すれば、このまま文庫にも使えそうなデザインかな、なんて思います。このシリーズの泉沢光雄の装幀は安定しています。ちなみに写真提供は(C)MASAO HAYASHI/SEBUN PHOTO/amanaimages、(C)BLOOMimage/amanaimages。

で、今回は姫川玲子シリーズからのスピン・オフ短編集。出版社のHPの内容紹介文は
           *
『ストロベリーナイト』のガンテツ。
『シンメトリー』/「過ぎた正義」の倉田。
そして、捜査一課姫川班最若手だった葉山。

捜査一課殺人犯捜査係のガンテツこと勝俣健作が手がけた、
製薬会社サラリーマンの殺人事件。

息子の起こした殺人事件によって刑事の職を追われる直前、
倉田修二がかかわることになった、二人の男女を襲った路上殺傷事件。

姫川玲子班解体直前、
殺人犯捜査第十係に所属していた葉山則之が担当した、
世田谷の老人同士の小競り合い。

事件の規模も様相もさまざまだが、共通している点が、ひとつあった。
それは、被害者の個人情報を、
犯人は何らかの手段で手に入れているらしきこと。

事件の背後には何があるのか!?
           *
となっています。各話についても触れていますが、ここはあえて違う角度からそれぞれについて紹介しましょう。もちろん、初出も書いておきます。

・感染遊戯/インフェクションゲイム(「小説宝石」2008年7月号):事件の鍵は15年前に捜査一課殺人犯捜査係のガンテツこと勝俣健作が手がけた、製薬会社サラリーマンの殺人事件。大手製薬会社勤務の25歳の若者の死にまつわる様々な不思議・・・

・連鎖誘導/チェイントラップ(「小説宝石」2010年5月号):息子の起こした殺人事件によって刑事の職を追われる直前、倉田修二がかかわることになった麻布十番で起きた路上殺傷事件。34歳の女性は死亡、45歳の外務省勤務の男は重症、現場から逃げ去る男が目撃され・・・

・沈黙怨嗟/サイレントマーダー(「小説宝石」2010年8月号):仲良く碁を打ち合っていた老人が、相手の「待った」の一言で顔色が変わった。そしてついには傷害事件に。祖父の怪我に驚いた千尋は北沢警察署に行き、刑事課強行犯捜査係の葉山則之が対応して・・・

・推定有罪/プロバブリィギルティ(「小説宝石」2010年10月号~12月号):二係の指名で杉並署の殺人未遂事件を手伝うことになったガンテツ。しかも、被疑者は既に逮捕済み。問題は被疑者の服についていた血の量、とてもその事件だけのものとは思えない・・・

どの話も楽しめます。私としては、姫川の過去を言い立てるガンテツが登場するだけで、興味が半減するところがありますが、お話の出来がいいのでスルーしておきます。おまけに、この短編集には東京生まれながら関西弁で姫川に言い寄っては、肘鉄を喰っているあのオッサン刑事、蒲田署の巡査部長・井岡博満が登場しません。それだけでも心が休まるっていうものです。長編で疲れた頭を短編で癒してみてはいかがでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本硝子の太陽Rouge

2016/05/19 09:43

姫川班。

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エミー - この投稿者のレビュー一覧を見る

大満足のRサイド。一気読みでした。姫川班。菊田と姫川玲子が一緒に居ることが嬉しい。事件は今回も悲惨だったけど。これからもきっと続いていくであろうこのシリーズ。ずっと読んでいきたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本インデックス

2017/09/04 11:54

シリーズ8作目

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:moon07 - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ8作目で、短編集の作品。『ブルーマーダー』の後の話がメイン。
新生姫川班がここから始まるといった感じ。
ドルチェシリーズの魚住久江が名前だけとはいえ登場しているのは、誉田作品ファンには嬉しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ブルーマーダー

2015/08/30 19:46

久々に飽きさせない内容でした

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tacky007 - この投稿者のレビュー一覧を見る

姫川玲子シリーズは、ストロベリーナイトから全て読んでいますが、最近のシリーズは設定が少々平凡すぎて読後感に満足のいくものではなかった。
今回は、奇抜な展開や文全体の時系列の組み立て方など読んで飽きることがない内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ソウルケイジ

2013/05/02 22:19

数ある誉田作品の中でもベスト3に入るお気に入り!

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の作品はほぼすべて読んでいますが、中でもベスト3に入るくらいのお気に入り!
竹内結子さん主演のドラマでも、連ドラの最後に配置されており、2回分を使って、かなりじっくり描かれていたかと。
キャスト含め、かなりスタッフさんの気合いを感じた回でした。
いや〜、好きなんです、濱田岳くん。

ドラマ版「ストロベリーナイト」は、「ある部分」において、決定的に納得がいってはいなくって…。
小説版「ソウルケイジ」でも、「ストロベリーナイト」と同様の手法が使用されていることもあり、正直、映像になるってどうかな〜…と思ってはいたのですが…
ちょっと「わかりやすすぎる」きらいはあったものの、作品の中で大切にされていたエッセンスは失われていなかった事もあり、ほっと胸を撫で下ろしました。
キャストの演技もよかったですし、最後にはやはり泣いてしまいました…。

愛する人を守りたいと思ったときに、果たして自分は同じような行動を取る事ができるのか。
単なる「ミステリー」ではなく、「家族」とは何なのかという事について、深く考えさせられる作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本インビジブルレイン

2019/06/22 07:18

初めての誉田さんの作品を読んで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あきしゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今年、二階堂ふみさんの主演で、テレビドラマ化されて、拝見してから、単行本を読みました。
この話程、なんとも言えないのは、あったんでしょうか?
刑事としての姫川玲子と一人の女性の姫川玲子のどちらに幸せになって欲しいのかと言えば、一人の女性として、幸せを掴んで欲しいと思いました。
単独捜査で、出逢い、好きになった人と一時でも、思いが通じて、幸せだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ストロベリーナイト

2019/04/13 03:46

文句なしに面白かった

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前、竹内結子さん主役の同名ドラマにハマっていたことを思い出して読みました。面白かったです。キャラクターが濃いです。姫川のキャラにはまりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍インデックス

2017/11/15 18:02

イッキ読み

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トレイル - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱりおもしろい!!
夜中に読み始めたのが失敗だったイッキ読みしたので寝不足

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シンメトリー

2016/10/27 09:30

誉田氏が贈るエンタテイメント作品です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、誉田氏が贈るエンタテイメント作品です。内容は、ある日、列車事故が起こり、百人以上もの死傷者を出します。原因は飲酒運転をして踏切に突っ込んだ車でした。しかし、このころまだ「危険運転致死傷罪」というものはなく、飲酒運転をしていたドライバーにはたった5年の刑期が下されただけでした。列車事故で亡くなった多くの人々、また目の前で亡くなっていった女子高生、右腕を失った私。こうして元駅員は復讐を誓います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本硝子の太陽Rouge

2016/08/28 13:48

慟哭のエンディング

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiroyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

今作は実際にあった事件をモチーフに、犯人は初めから割れており、その犯人に如何に迫ってゆくかの倒叙式サスペンスになる。姫川玲子を打ちのめす慟哭のエンディング。この死に必然性はないが、安直なハッピーエンドにはしないぞという誉田哲也の志が感じられる。しかし、姫川玲子シリーズは続く・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ブルーマーダー

2016/02/07 14:06

映画化希望

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiroyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

姫川玲子シリーズ長編最新作。映画化は「インビジブルレイン」だったが、続編としてこの作品をやって欲しい。残酷描写が多いので、テレビでは無理と思われるので。
この後短編集の「インデックス」が刊行されているが、長編も書いて欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ブルーマーダー

2016/01/23 12:20

ガンテツ最高!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひで - この投稿者のレビュー一覧を見る

解散した姫川班姫川と菊田、ガンテツの物語です。姫川は相変わらず。ガンテツのまくしたてる台詞がかっこいいです。菊田にも活躍してほしかったなぁ…。このシリーズは安定のおもしろさです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シンメトリー

2016/01/17 12:44

姫川シリーズ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ike - この投稿者のレビュー一覧を見る

姫川シリーズはストロベリーナイトからファンになり読み始め、いろいろある警察小説の中でもお気に入りのシリーズです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ソウルケイジ

2015/09/30 16:20

一気に読了

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ササ - この投稿者のレビュー一覧を見る

テンポが良く、一気に読んだ。楽しかった。姫川のような刑事はあまりリアリティがないと思いつつ、感情移入してしまう。今後の主人公の描かれ方も楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ソウルケイジ

2015/09/13 19:17

姫川シリーズ最高の出来です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は、個人的に一番好きな刑事小説、姫川シリーズの2作目です。

前作の「ストロベリーナイト」ではグロテスクな描写が先行していましたが、本作は姫川シリーズの中でも、特に親子愛に焦点を当てた泣ける作品です。と言いつつ、あるトリックの説明で本作唯一にして最高に痛々しい描写が登場しますが、正直そこは飛ばしてでも読むべき作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

50 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。